2019年11月09日



 DSC_0496



 今日、三日目も無事に終了しました。友人、古い知人、大学の同窓生、など入れ替わり立ち代わり来てくださいました。十数年ぶりにお会いする先輩から共通の知人の訃報を聞かされたり歳月の重みも感じました。上の画像は会場風景です。右奥に根来塗作家の伊藤さんの姿が見えます。手前、床に直置きされているのは 茶道の立礼(椅子式)用の棚です。御園棚と言います。元は外国の方用に考案されたようです。正座が出来なくなった御高齢の方にも好評なようです。若い人の中には和室の無い環境で育った方も多いので受け入れられやすいでしょう。あるお茶会でも立礼でも一服頂きました。ただ茶道の基本は正座なので立ち居振る舞い方など検討する点は多いと思います。



 DSC_0515



W1350 D440 H500です。ケヤキ材に軽く拭き漆を施してあります。真ん中の板の部分は取り外せます。普通の御園棚は黒漆仕上げなので木地を見せた仕上げは新鮮に見えるようです。



 DSC_0510



お釜の部分に蓋が出来ればデスクにもなりそうです。お茶をされている方は興味津々で見ておられます。今や座敷の無い家も多いので椅子式のお茶会が今後増えるかもしれません。



 DSC_0512




こんな椅子も出品しています。今日で展覧会も大方半分過ぎました。明日からの後半も頑張ります。



(00:28)

コメントする

名前
 
  絵文字