2019年11月24日




  DSC_0541



 今日は朝から京博に行って来ました。8時40分頃に着いたんですが、既に入場待ちの行列が40m程出来ていました。開場が9時半だったので結構待ちました。最近は9時半開場で18時までになったようです。最初は柿本人麻呂の画やらなんやらが展示してありました。まあ歌聖という繋がりのようです。2Fに降りるといよいよ佐竹本 です。まあ画のほうはこんなもんかと思いました。(実は平面より立体作品のほうが好きです。)大名家が明治維新後に落魄して売りに出された上下二巻の絵巻物がそのままでは高すぎて売れないのでバラバラにされました。切断と言われていますが実際は料紙のつなぎ目を剥がしたようです。三十六枚に分割されて籤引きで所有者を決めたと言う、今なら重文級の美術品になんちゅう事をするねんという話しです。戦前の実業家が茶道に凝って財力にものを言わせて大名物を競って蒐集していた時代の話しです。人気のあった女性を描いたものは今のお金で一億円程の値が付いたようです。ちなみに僧侶姿が一番人気が無かったそうです。財界や骨董屋の大立者達が目の色変えて、大枚はたいて取り合ったという人間の業と言うか欲と言うかその部分が面白いですね。




DSCPDC_0003_BURST20191124110



会場の知新館です。今日が会期の最終日でした。




9318cae86bce58e82ba6daf0488fcc25--heian-era-tenth



小野小町さんです。残念乍ら前期だけの展示で見られませんでした。お顔を隠しているのでどんな美貌か想像を掻き立てられる所が憎いですね。

絵巻の冒頭に住吉大明神の絵があります。歌道の神様らしいです。この住吉大明神が出てくる講談があります。三十六歌仙ではありませんが西行さんが主人公の面白い話しです。落語もあるんですが、松之丞さん曰く「講談を聴くと為になる。落語を聴くと駄目になる。」そうなので本日は講談をどうぞ・・



(14:20)

コメントする

名前
 
  絵文字