2020年10月09日






_DSC8913
 




 バイトと言えばアルバイトです。(そういえばバイト君とかいう漫画もありました。)こちらは木工旋盤の道具です。長さ40cm位です。木製の柄を右手(右利きの場合です)で持って、金属の刃を材に当てて削っていきます。バイトは日本でしか通用しない言い方です。語源はオランダ語かドイツ語か諸説あるようです。まあミシンとかと一緒です。メリケン粉とかもそうですね。私の母親は使っていましたね。脱線しました。





_DSC8916




取りあえず基本的な8本セットを買いました。今はどうか知りませんが、かっての日本の轆轤職人は刃物も自分で鍛造していたようです。先端がJの字のように曲がった刃物で削ります。鉤バイトと呼びます。学生の頃木曽の木地屋さんで使わせて貰いましたが材に食い込んでいく感じで難しいなあと思いました。このセットは刃の部分がハイス製です。ハイスピードスチールの略で普通の鋼より硬くて減りにくいです。硬さ故に研ぎにくいです。最近はダイヤモンド砥石(工業用ダイヤモンドの粒子を鉄製の板の上に付けてあります)で研げるようになりました。





_DSC8912




よく使う2本です。木工旋盤での仕事は見ている間に形が変わるので面白いです。ボツボツ腕を上げて色々なモノにチャレンジしていきます。

(09:10)

コメントする

名前
 
  絵文字