2021年01月08日






_DSC0187





 Alpair12PWでサブウーファーをお作りしました。W300 H310  W320mmです。ハードメープル材です。板厚は20mmです。しっかりしたハコが出来ました。仕上げは液化ガラス塗料です。





_DSC0189





音出し確認のためにごく小音量で試聴しました。音質はわかりません。





image (1)





Alpair10Mの純正箱とセットでお使いになられます。ネットワークはチャンネルデバイダーを使われるそうです。





_DSC0192





ターミナルもマークオーディオ純正品です。アルミ製のしっかりした造りです。黒い樹脂製のプレートは別売りです。合わせてペアで4000円程と少しお高いですが、一度使ってみたいですね。




_DSC0195






_DSC0196




ハードメープルは北米材です。カエデですね。日本の楓のほうが木目が綺麗に思います。アメリカでは植林、育成、伐採と管理して生産しているようです。そんな訳であまり幅広の材はありません。アメリカ人は矧げばいいやんと言う考え方で幅や木目には余り頓着していないようです。広ーい国土を西へ西へと開拓(侵略)していくのに細かい事は気にしていられなかったんでしょう。カエデの仲間は狂いやすいんですが、北米材は人工乾燥をきつくかけてあるのでその点は安心です。ただ、素材としての木の瑞々しさの様なものは無くなっています。最近の密閉度が高い住宅での暖房や冷房の中で使われる状況を考えると仕方がありません。




image





ご依頼主様からメールして頂いた設置状況の画像です。真空管アンプでアナログレコードを楽しまれているようです。O様、ありがとうございました。



(23:00)

コメントする

名前
 
  絵文字