建築

2020年09月01日





 間工作舎さんの設計の賃貸住宅のオープンハウスで家具を展示させて貰いました。





DSC_4385





DSC_4381




ダイニングテーブルです。W1820 D900 H700mmです。天板はクスの三枚矧ぎです。脚はナラ材です。オイル仕上げです。




DSC_4363




ラウンドテーブルです。W480 D480 H800mm。天板はクリ材、脚はトネリコ材、摺漆仕上げです。




DSC_4365






DSC_4364




               続く

(19:02)

2020年08月28日




 三戸それぞれに家具を展示させて貰いました。




DSC_4399




コンソールテーブルです。W430 D250 H850mmです。天板は栃、脚はトネリコ、摺漆仕上げです。




DSC_4391




ダイニングテーブル、ブラックウォールナット材です。W900 D920 H700mmです。お揃いの椅子もブラックウォールナット材です。W430 D540 H820 SH410mmです。
液化ガラス塗料仕上げです。2階にダイニングキッチンがあります。開口が大きくて明るいお部屋です。



DSC_4392






DSC_4388


 

板の間の小部屋があります。




DSC_4387




一階には畳敷きの和室があります。私はこのお部屋が一番好きです。畳の上でごろっと昼寝なんてよさそうです。畳を囲む板の間の上の置き床です。ブビンガ(アフリカ産です。コンゴ辺りの樹です。とにかく、硬くて重い材です。巨樹です。材木市で幅2mくらいの板を見たことがあります。カウンター材や大きな和太鼓の胴に使われていました。今も使っているのかはわかりません。へりで上空から巨樹を探して伐採したそうです。ある意味、乱暴な話しで環境面からは褒められた事ではありません。真偽は定かではありませんが、かっては日本からの貨物船の帰りの船のバラスト、要するに重り代わりに船底に積んで帰ったとか聞きました。)W1300 D450 H50mm。さっと漆をかけています。




DSC_4286




 続く

(15:54)

2020年08月27日




 先週末に間工作舎さんが設計された賃貸住宅の見学会に参加させていただきました。
 


DSC_4371




60坪の敷地に三軒の賃貸住宅が並んでいます。エントランス、通路は共有です。三軒が緩くつながってかっての長屋暮らしのような隣人との関係が出来ればいいなという、野心的な試みを形にしています。三軒ともリビングやトイレ、バスは2階にあります。今回の見学会ではそれぞれの家に家具を置かせていただきました。




DSC_4375




エントランスの部分です。世の高い広葉樹が植えられています。(写っている家は隣家です。)ポイント、ポイント、に樹があって心が和みます。





DSC_4346





真ん中の通路です。子供の頃、独楽回しやビー玉で近所の子供と夢中で遊んだ路地を思い出しました。三軒の子供達が友達になって遊びまわれば楽しいでしょうね。





DSC_4343





こちらはエントランスです。左に見えているのはベンチです。




DSC_4342




道路に面した正面です。

                     続く

(07:42)

2020年01月19日




 昨日は奈良まで床の拭漆に行って来ました。以前から家具を制作させて頂いているお客様からのご依頼です。一坪ほどのお手洗いの床です。


 DSC_0067



床材は栗です。まずは掃除です。箒で履いて掃除機できれいにします。



 DSC_0069



栗材です。少し柔らかく床材には向いています。



 DSC_0068



カウンターは栃材です。漆を拭くと木目がよく見えます。



 DSC_0066



壁などに漆が付かないようにマスキングをします。



 DSC_0070



テープにポリエチレンシートの付いたマスカ-(商品名です)で覆っていきます。



 DSC_0072



この作業が結構時間がかかります。床の部分では膝を付いての作業で膝が痛くなりました。次回は膝パッドを用意します。


 
 DSC_0074



漆とテレピン油を半々位に混ぜたもので拭きます。ムラにならないように気を付けながらなるべく多くの漆が残るように拭いていきます。次回は漆だけで拭きます。後3回の予定です。


(15:21)

2019年09月01日



 友人達と美山に出かけました。家から車で40分程です。美山と言えばかやぶきの里です。久しぶりに訪れましたがきれいな家並みで住民の方や行政も頑張っているなあと思いました。



DSC_0250




山あいに数十戸のかやぶき民家が並んでいるのは壮観です。



DSC_0249



こちらは消火用の放水銃が入っている小さな箱です。高さは1メーター程の可愛いものです。




DSC_0247



久しぶりに来ましたがゆったりとした雰囲気でいい気分転換になりました。
                                                  





(19:53)

2018年08月31日


 DSC_0023 (3)


 先日、カウンターとテーブルをお作りした日本酒の店です。ドアの取っ手もお作りしました。


 DSC_0009 (6)

手前が6人掛けのテーブルです。真ん中には真鍮板を張っています。2か所の開口には御燗用の箱が入ります。お客さんがご自身で御燗を付けて日本酒を楽しむという趣向です。奥はカウンター席です。ブラックウォールナット材のオイル仕上げです。カウンター材は3900mmの長さで幅600mmです。無節の良材です。お付き合いのある材木屋さんが北海道の本社の在庫から探してくれました。

DSC_0008 (4)

カウンターにも一部真鍮板を張っています。木ならいかようにも加工できるんですが金属は勝手が違って大変でした。いい勉強にはなりました。真鍮の売買の単位は重さとか(つまりキロ幾らです。)この歳になっても知らない事が沢山ありますね。

DSC_0002 (8)


9月3日オープンだそうです。日本酒好きの方、是非行ってみて下さい。
  

(00:07)

2018年08月28日


 DSC_0016 (4)

 以前に漆を塗った床板が施工されてお部屋が完成しました。材は赤松です。上の床板はなぐり加工されています。NCルーターで加工しているそうです。板の状態で漆を拭いてお渡ししました。タッチアップに来たんですが殆ど不要でした。



 
DSC_0022 (3)

なぐり加工は表情が豊かです。なかなかいいですね。勿論、価格は上がりますが・・・

 DSC_0025 (1)


こちらは棚板です。長さ4m、幅40cm、赤松材です。無節のいい材でした。

 DSC_0024 (3)


漆の色がきれいです。経年変化で透けて木目が際立ってきます。自然素材は変化も楽しめるのがいいですね。

 DSC_0023 (4)

楽しい部屋が出来ました。お酒が美味しく頂けそうです。 


 
 

(01:20)

2017年01月06日


DSC_0012

この時期、磨き丸太を干しているのを見かけます。かっては京北あたりから高雄にかけて北山杉の一大産地でした。主に床柱ですがずいぶんと売れていたようです。今や新築で床の間のある家なんてほとんどありません。
床の間どころか和室の無い家も珍しくありません。何か他の用途は無いものかと色々と努力しているようですが時代の流れには勝てませんね。

DSC_0013


よく見るとなかなかきれいなものです。かっては手作業で川を剥いて、清滝川の川砂で磨いたそうです。いまは高圧の水流できれいにするようです。

DSC_0015

かっては高価に売れて、祇園までタクシーで飲みに行ったとか・・今は昔ですね。栄えるものは久しからず、中諸行無常です。


(17:36)

2015年06月26日


DSC_0009


 以前、何軒かの住宅の床に拭き漆をしました。
この住宅は15年前に施工しました。クライアントはもうお亡くなりになって
お嬢さんが引き継がれています。2年後の定年までに家の手入れをしたいということで塗りなおすという事になりました。拝見するとそんなにはダメージはありませんでした。ただ天窓の下やキッチンシンクの前などは少し薄くなっていました。やはり紫外線と摩耗はしかたないですね。


DSC_0011

2回目を拭いた後です。フローリングと上り框はナラ材です。
もう一回塗って終わりです。

DSC_0014

壁や柱に漆が付かないようにするマスキングが大変です。

DSC_0015

漆の床は見ためもいいし夏裸足で歩くと気持ちいいです。
お問い合わせ moonlove10000@gmail.comまで


(08:32)

2013年05月25日

 薬師寺の東塔の解体修理の現場を見学してきました。
残念ですが、現場の画像はインターネット不可なので
お見せできません。

2013  5 25 002

南大門と仮建屋です。

2013  5 25 013

西塔です。仮建屋の中では水煙を見下ろす高さまで上りました。取り外さ
れた九輪や水煙を目の前で拝見しました。とりわけ水煙の飛天が素晴らし
かった。近いうちに公開するそうです。必見です。修理後はレプリカに変え
てオリジナルは収蔵庫に入れるという話もでているそうです。やはり酸性雨
は無視できないそうです。

2013  5 25 009

心柱、屋根の木組みなど、ゆっくりと見せていただきました。得がたい体験
でした。

2013  5 25 014

平成30年までかかるそうです。26億くらいかかるそうです。
この修理で200年ほどは大丈夫らしいです。

2013  5 25 006


1300年前の工人の技術と美のセンスに触れて、あらためて自分も
いい仕事をしたいなあと感じました。





(21:07)

2012年09月26日

え先週末、奈良で建築家のイヴェントに参加しました。
会場は興福寺の子院でなかなか雰囲気のあるところでした。

家つくりフォーラム2012 023

門です。普段は鹿よけに閉まっています。
本殿です。江戸中期の建物だそうです。ここで行われました。

家つくりフォーラム2012 025

私は家具を展示しました。ダイニングチェアです。材はヤマザクラです。
いい色にやけてきました。

家つくりフォーラム2012 026

栗のコンソールテーブルです。

家つくりフォーラム2012 028

ちがう角度から

家つくりフォーラム2012 033


クルミのベンチです。岡山から奈良観光に来られた方が一目惚れで買って
くださいました。

家つくりフォーラム2012 031

家つくりフォーラム2012 032

靴を脱いで上がってもらい、座敷もあるのでゆっくり見てもらえたと思いま
す。来場された皆さん、ありがとうございました。


(00:24)

2012年09月18日

今週末に奈良で建築家のイベントがあります。
私も家具とスピーカーを展示します。
会場は世尊院というもともとは興福寺の塔頭だったところで
和風の雰囲気のある建物です。東側に奈良県の知事公舎があって
昭和30年代にホテルにする話が持ち上がって県が買い取ったそうです。
今は展示場として利用されています。近鉄奈良駅から東大寺に向かう
大きな道沿いです。歩いても10分かからないと思います。
建築に興味のある方は是非おいでください。東大寺、興福寺、春日大社
奈良博物館、県立美術館、など歩いていけます。道路をはさんで奈良公園
なんで鹿もいますよ。

!cid_61001EF6-0E6C-4B8E-9BAC-0D42A5B64C7C



(07:00)

2012年07月30日

倉敷のギャラリーの庭のツリーハウスです。

kurasiki 002

作られてからだいぶ経っているようです。
すごい大木のもっと高い所に作ってみたい・・・・
そこから下界を眺めながらビール飲んだら気持ちいいだろうな。


(22:30)

2012年03月20日

4月13,14,15日に奈良市のならまちセンターで
家つくりフォーラムを開催します。
私は新作の家具数点とスピーカーを展示します。
とりあえず速報です。

!cid_506C5B1C-4AAB-401F-B872-3054F5CC6508

時候もいいし奈良まで花見がてらお越しください。


(15:14)

2012年02月22日

19日の日曜日にさかふねという居酒屋さんに行ってきました。

さかふね  002

山中酒の店という日本酒にこだわったお店の直営店です。間工作舎の
小笠原さんの設計です。工事関係者の慰労会に呼んでいただきました。
私は棚板やレジカウンターなど何枚か板を作らせてもらいました。

さかふね  003

エントランスです。鉄板がいい感じです。

さかふね  004

ケヤキの棚板です。長さ3mくらい幅が30cmです。

さかふね  005

上下とも栃です。

さかふね  007

トイレの手洗い台です。ミズメザクラです。

さかふね  011

さかふね  012

階段、踊り場の棚板、栃です。

さかふね  017

レジカウンター、ケヤキです。

さかふね  018

2階、トイレの手洗い台、キハダです。

さかふね  031



さかふね  008

大工、左官、電気、水道、構造計算、植栽、など総勢30人位の方が来ら
れていました。もちろん小笠原さんも。

さかふね  024

女性の建築家ですが、素材にこだわったおおらかな設計をされます。

さかふね  026


さかふね  035

家つくりフォーラムにも参加されている杉景の住谷さんご夫妻とスタッフ
の土井さんです。

さかふね  037

納品した時は工事真っ最中でした。いいお店が出来ました。
大阪の地下鉄、大国町にあります。
美味しい地酒と料理で楽しませてもらいました。
ありがとうございました。




(08:03)

2011年04月20日

16,17日、奈良で建築のイベント、家作りフォーラムに参加しました。

家作りフォーラム 003








































十数名の建築家と2名の造園家の方との展示です。やや小ぶりなテーブル
やベンチなど出品しました。

家作りフォーラム 001

















ヤマザクラのラウンドテーブルとダイニングチェア、コーヒーテーブルと
くるみのベンチと小椅子です。いずれもオイル仕上げです。
建築家のかたはパネルと模型の展示が多いです。

家作りフォーラム 015


















建築模型を見るのは楽しいですね。

家作りフォーラム 014



















家作りフォーラム 013









































家作りフォーラム 018


















造園家のオブジェです。

家作りフォーラム 009









































屋外展示のカエデです。樹高6mくらいあって迫力がありました。

家作りフォーラム 007









































会場のBGM用にオーディオを持っていきました。スパイラルホーンの8cm
とバスレフの5cmです。家で聴いているのとは違って聴こえました。
広渡さん阿久津さんとクラシック、オーディオ談義に花が咲きました。実は
これもフォーラムの楽しみなんです。


家作りフォーラム 010





















家作りフォーラム 003











































                                                                                       約200名くらいの方が来場されました。充実した展示だし、建築家と
直接お話も出来るし、もっとたくさんの方に来てほしいですね。
次回は9月3,4日に奈良市のならまちセンターで開催されます。

(01:37)

2011年03月28日

昨日、阪南でのオープンハウスで家具を展示させて
いただきました。
外観です。左側に玄関があります。木造二階建てです。

広渡 阪南オープンハウス 001


















夜景です。広渡 阪南オープンハウス 144









































玄関上がったところの栗のコンソールテーブルです。広渡 阪南オープンハウス 006










































一階の子供さん(3歳と0歳)用のスペースです。サクラのテーブルと椅子
を展示しました。

広渡 阪南オープンハウス 090


















一階、中央に階段があります。下は収納になっています。
広渡 阪南オープンハウス 059









































二階、階段の上がり口です。

広渡 阪南オープンハウス 063








































広くて使いやすそうなキッチンです。奥様はお菓子作りがお好きだそうで
す。
広渡 阪南オープンハウス 051


















胡桃材のダイニングセットです。1900X730のスリムなテーブルに椅子
2脚とベンチです。行儀が悪いですが、お酒のんで御飯食べて、ベンチで
横になるのは気持ちいいですね。そういえば、子供の頃、母親に食べて
すぐ横になると牛になるとよく言われました。

広渡 阪南オープンハウス 016


















広渡 阪南オープンハウス 018


















ダイニングチェアです。W450 D500 H730 SH420、移動しやすい
ように、背もたれにハート型の穴をあけてあります。

広渡 阪南オープンハウス 020









































夕刻のダイニングルームです。ベンチの背もたれの影が綺麗です。

広渡 阪南オープンハウス 137









































ダイニングルームに続いて3畳の和室があります。障子の向こう側です。

広渡 阪南オープンハウス 125


















やはり畳の部屋も小さくていいから一部屋は欲しいですね。ごろんと横に
なって昼寝もしたいですから。

広渡 阪南オープンハウス 046









































小ぶりなベンチです。胡桃材、W1100 D420 H680 オイル仕上げ
です。ちょっと腰掛けたり、なにか飾ったり重宝します。

広渡 阪南オープンハウス 024









































広渡 阪南オープンハウス 128









































奥様の作業スペースです。胡桃材の小椅子を置きました。

広渡 阪南オープンハウス 117



























建坪40坪くらいだそうですが、それ以上の広さを感じさせる
ゆったりとおおらかな空間の家でした。
お施主様、広渡さん、ありがとうございました。

(10:31)

2011年03月24日

お世話になっている広渡さんの設計された家の
オープンハウスの案内です。
大阪府阪南市
3月27日(日)13;00~16;30
詳しくは広渡建築設計事務所のホームページ
をご覧ください。
ダイニングセット、スツール、置き床、など
展示します。

小 036








































胡桃材、オイル仕上げのスツールです。玄関に置くといいですね。
W390 D440 H600です。

画像 335

胡桃材のダイニングセットです。テーブルはW1900 D750 H700
です。

家を建てたい方、建築に興味のある方はぜひおいでください

(00:04)

2011年02月02日

建築家の阿久津さんと豊橋まで行って来ました。奥様の実家に置いて
ある材木を取りに行くのが第一の目的です。阿久津さんはJIA(建築家
の団体です)の見学会の幹事をされています。たまたま、豊橋にあるコル
ゲートパイプ(土木工事に使う鉄の構造材)の建築のバスツアーを企画
されて、その下見にお付き合いしました。

建築 河合健一 石山 009


















川合健二邸です。大きさがわかりにくいんですが幅が8メートルくらいです。
川合さんは天才的なエンジニアで丹下健三の旧都庁舎の空調など、活躍
されていたんですが1966年に1800坪の原野にこの家?を建てて
自給自足の生活をされていたそうです。木立の間から見たときは、なにか
宇宙人の忘れ物を見つけたような感じでした。川合さんはもう亡くなられて
いますが、奥様が90歳を超えてお一人でお住みです。内部も拝見させて
もらいましたがワンルーム?で真ん中にコタツがありました。

建築 河合健一 石山 012


















こちらは裏?側です。
手前にビートルとスバル、反対側にはポルシェとウニモグが土に還ろうと
しています。川合さんの意向だそうです。色即是空ですねえ。


建築 河合健一 石山 005


















表?側です。ハニカムです。

建築 河合健一 石山 002


















左の四角い部分がエントランスです。

建築 河合健一 石山 006


















側面です。砂利で埋めてあります。基礎がないので竣工時には建築と
認められなかったそうです。

建築 河合健一 石山 007


















このなかに人が住んでいるとは・・・

建築 河合健一 石山 014


















錆止め塗料仕上げ?です。
これはインパクトありました。建築とは。考えさせられました。


続いて石山修武さん設計の幻庵です。

建築 河合健一 石山 027








































川合作品にインスパイされた1975年の作品です。別荘だそうです。
こちらは建築になってます。

建築 河合健一 石山 043


















阿久津さんです。


建築 河合健一 石山 051




















建築 河合健一 石山 025








































森の中に建っています。建築 河合健一 石山 019









































建築 河合健一 石山 036


















側面です。

石山修武さんの作品は雑誌などで見たことはあったんですが、やはり現場
で見ると面白いですね。
60年代、70年代は元気な時代でしたね。今の閉塞感、先細り感とは
大違いです。

(09:00)

2011年01月29日

広渡さんの設計した家のオープンハウスに家具を置かせて
もらいました。

広渡作品 くろんど池 001


















傾斜地に建っています。真ん中がエントランスです。平屋に見えますが
実際は2階部分です。

広渡作品 くろんど池 002


















エントランスから1階のリビングを見ています。ダイニングテーブルと椅子
が見えます。くるみ材のオイル仕上げです。テーブルはW1950 D750
H710 椅子はW450 D520 H750 SH430です。床のタイル、鉄
の階段とのコントラストがあって木の素材感がいっそう引き立っています。
広渡作品 くろんど池 011


















1階、バルコニーから見たダイニングセットです。
テーブルの脚は内側に納まっているので足が自由になります。
6人でも充分な大きさです。
広渡作品 くろんど池 015









































キッチンです。ゆったりしたスペースです。

広渡作品 くろんど池 010


















和室です。畳の部屋も欲しいですね。

広渡作品 くろんど池 006








































ベンチです。座板は楠の一枚板、背と脚はくるみです。W1950 D540
H730 SH430です。3人ゆったり座れます。4人でも大丈夫でしょう。
横になって昼寝もできます。お施主さんはバイクマニアだそうで、この部屋
はバイクが並ぶそうです。ご自身で整備もなさるそうです。
そのために天井にホイストがついています。BMWがお好きだそうです。

広渡作品 くろんど池 004








































2階の寝室です。東南に窓があるので朝日とともに目覚めますね。
窓際のコンソールテーブルは栗のオイル仕上げ、W500 D350 H900
です。お花を飾るといいでしょうね。手前のスツールは座が楠、脚は栗
背は黒檀です。W400 D400 H530です。3本脚のおおぶりなものです。
広渡作品 くろんど池 016


















まわりは樹木にかこまれた自然の豊かなところです。
リビングルームから好きなバイクを眺めながら暮らす・・ 最高の贅沢
です。

(20:44)