植物

2021年04月20日







DSC_1278
 





 高雄の楓の木です。勝手に皇帝と呼んでいます。樹形が綺麗ですね。






DSC_1279







DSC_1280







DSC_1281








DSC_1283







DSC_1284







DSC_1285






樹齢百年以上は経っているでしょう。許されるなら足元のアスファルト舗装をめくりたいです。私が死んでも同じように立っていて欲しいですね、

(15:20)

2021年04月17日







DSC_1219
 




  庭のムスカリです。植えた憶えも無いのに今年は結構出てきました。球根植物です。地中海沿岸が原産地です。1980年頃から日本でも植えられるようになったそうです。そう言えば子供の頃には見かけませんでした。朝顔やカンナ、ダリヤなんてよく植えられていましたね。家の庭には沈丁花やイチジクがありました。今考えるに沈丁花は汲み取りトイレの匂い消しで植えられていたのかもしれません。それにしても匂いの記憶は強いですね。この歳になっても匂いを嗅ぐと子供の時分を思い出します。歳を重ねると最近の事はよく忘れるんですが、突然子供の頃の些細な出来事を思い出したりします。色々とあったけれどまだまだ先を見据えて頑張ります。(願望です)


(14:12)

2021年03月17日







DSC_0687






 サンシュユが咲きました。と言うかいつ開花したのかよくわかりません。早春の黄色に惹かれて買ったんですが案外と地味ですね。 






DSC_0688






DSC_0689







中国原産で漢方薬になるそうです。考えたら人間は原人の頃から自然界の恵みに頼って生きてきました。原子力発電所の反応炉も小惑星まで往復したハヤブサも結局は地球の資源を加工して出来上がっています。科学の粋を集めたものでも結局は自然界のギフトです。3,11の福島の原発事故も自然に対する奢りがあったんではないでしょうか。普段、天然素材の木や漆を使わせて頂いている身としてはもう少し自然に対して謙虚になってもバチはあたらないでしょう。

(16:28)

2021年03月07日


 




DSC_0593 (1)






 山茱萸(サンシュユ)の花が咲き出しました。少し前に周山のコメリ(農家向けのモノが豊富なホームセンターです)で買いました。葉の出る前に黄色い花が咲きます。秋には赤い実が出来るそうです。それで別名がアキサンゴと言われるそうです。






DSC_0595 (1)






1580円でした。花も実もあってこの値段なら値打ちがありますね。






DSC_0594 (1)






園芸は楽しいですね。最近、色々と植えたので追々記事にアップしていきます。

(14:16)

2021年03月01日






DSC_0531






 庭の梅が満開です。花は逆光で撮ると綺麗です。先日(確か2月25日です)北野天満宮で梅花祭がありました。菅原道真公の祥月命日です。梅と言えば天神さんです。若い時分に入り浸っていたプラモデル屋さんのご主人の義理のお姉さんとたまに麻雀を打ちました。このお姉さんが東を切る時に東風吹かばあと言うのがおかしくて、当時は道真公の事もよく知らず古臭い文句をゆうてるなあと思ったもんです。そのお姉さんも昨年お亡くなりになりました。一昨年にお見舞いに行ったのがせめてもの救いです。




DSC_0534






上方落語にも天神さんの出てくる噺があります。よく出来た面白い噺です。舞台は質屋さんの蔵です。最後に登場されて一言サゲのセリフを言われます。色んな人が演じていますが、私のお勧めは六代目笑福亭松喬さんです。あと、米朝さんのもいいです。江戸落語でも色んな人が演じているようですが、どなたのも聴いたことがありません。年に何回かは落語会も行くんですがコロナ以来1年間は聴けていません。ワクチン打って貰う間では我慢します。京都の緊急事態宣言も昨日で解除になりましたがもう少し自粛生活でいきたいと思います。









(18:52)

2021年02月25日






 DSC_0490





 水仙です。ホームセンターで280円でした。ポットから出してみると五球ありました。





DSC_0492






早春に黄色いは映えますね。






DSC_0491





 小娘の 機嫌の会釈 水仙花    飯田龍太


 水仙に 水やる夜の 女の手    大野林火


 水仙や 美人かうべを いたむらし  与謝蕪村



たった十七文字で映画のような情景、そして主人公までイメージさせてくれる、俳句は面白いです。



(08:57)

2021年02月14日







DSC_0383 (1)






 今日は暖かい一日でした。四月初め位の陽気だったらしいです。






 DSC_0378 (1)






その陽気に誘われたのか、数日前から膨らんでいた庭の白梅が数輪咲きました。コロナで閉塞感がある中で変わらず咲いてくれてありがとうと言いたい気持ちです。





DSC_0376 (1)





明日も暖かいそうなので次々と咲きそうです。ところで今日はバレンタインデーです。初めてチョコレートを貰ったのは中学二年でした。同じクラスのあまり目立たない子からでした。勿論嬉しかったんですが照れくさくてその子に直接お礼も言いませんでした。今思えば一大決心でくれただろうにせめて一言ありがとうと言えばよかったと思います。まあ自意識過剰な頃だったので仕方ありません。






DSC_0375 (1)





明後日位からまた寒くなるそうです。コロナともどもご自愛下さい。

(22:41)

2021年02月11日







DSC_0324 (1) - コピー

 



 工房の裏の細野川沿いの梅です。実を取るように植えたんでしょうが、今はほったらかしです。それでも蕾が膨らんでいます。日当たりがよく風もそうきつく当たらない所なので早く開花しそうです。去年も早かったんですがその後が寒かったので花が寒そうに見えました。





DSC_0321 (1) - コピー





この時期、我が家の庭には花がありません。マンサクでも植えたいところです。蝋梅も好きなんですが植木屋のオヤジに京北では寒さで花が付きにくいと言われて断念しました。鉢植えならいけるかもしれません。若い頃は花なんて全く興味が無かったんですが、長い田舎暮らしですっかり植物好きになりました。色々と考えながら植えるのが楽しいんです。コロナで外出もままならないので家で楽しみます。

(23:24)

2021年01月25日







DSC_0078





 数日前、周山のコメリに構造用合板を買いに行きました。上桂川沿いの道を通ったので魚ヶ淵の枝垂れ桜を見てきました。





DSC_0080






そばの吊橋です。通行止めになっている時期もありましたが、今は渡れます。但し大人数はダメらしいです。





DSC_0081





吊り橋の真ん中から上流側を撮りました。快晴の日で空が綺麗でした。





DSC_0082





京北にあって不便なので、あまり人も来ません。立派な桜なのでもっとたくさんの人にも知ってもらいたいんですが、あまり見物の人が増えるのも困るし、悩ましいですね。





DSC_0084





最近出来た看板です。






DSC_0083





四月初めにはきれいな花を見せてくれるでしょう。コロナも収まっていればいいですが・・・



(01:04)

2021年01月22日






DSC_0089





 工房の裏の梅です。思い切り剪定されていました。この木の実は小さくていまいちですが間引かれて大きくなるかもしれません。




DSC_0092





桜伐る馬鹿梅伐らぬ馬鹿とか言いますが、梅は上に上にとぐんぐん伸びるので剪定しないといけません。と言いつつ家の梅は伸び放題ですが・・・






DSC_0064

 



剪定前です。伸び放題です。この梅が開花するころにはコロナも落ち着いていればいいのですが・・・

(08:58)

2020年11月15日





_DSC9743





 庭のヤツデです。花が咲いています。


 花八つ手 蒼空目指し 白々と   謙二


葉が蛆殺しになるので汲み取り便所のそばに植えられる事が多かったようです。そういえば子供の頃住んでいた家の裏庭にもあったような・・・
 

(15:07)

2020年10月06日





DSC_1783





 秋海棠(しゅうかいどう)の花です。今日、栗の実を貰いに訪ねた知人の庭にあったものを頂きました。名前は知っていたんですが何故か今日初めて見ました。色も形も可愛い花です。


 臥して見る 秋海棠の 木末かな   子規

 如意輪には 秋海棠を たてまつれ  越人

秋海棠はよく増えるそうです。来年も楽しみです。



(00:03)

2020年10月04日




 今日は朝から曇りです。時々時雨ます。そういえば山頭火に うしろすがたのしぐれてゆくか という句があります。托鉢をしながら旅を続ける自身を詠んだそうです。なんとも淋しい雰囲気です。一方我一人、人々の慈悲を糧に歩む生き方を肯定する気分も少しは感じます。




DSC_1770




 庭の端っこのお茶の花です。清楚でいいんですが、いまいち目立ちません。花はあるけど華が無い・・・失礼しました。




DSC_1776




出来るはずもありませんが、何もかも放り出して漂泊するなんてのも憧れます。精々、二三日で帰るんでしょうが・・・
 

(14:12)

2020年10月03日






_DSC8769




 昨日は雲一つ無い快晴でした。まさに秋晴れの一日でした。こんな日はどこかに遊びに行きたくなります。それでも、ぐっと堪えて仕事しましたが・・・




_DSC8764



工房の裏のススキです。本当は中秋の名月の記事と一緒にアップすればよかったんですが・・・おっとお団子もいりますね。うちの家は季節の行事などには余り頓着しない家でした。月見団子なんて食べた事は無かったですね。来年の中秋の名月には薄を活けてお団子を頂くのもいいかもしれません。
 

(00:05)

2020年09月16日





DSC_4641





DSC_4622




 工房の裏から撮りました。明日から天気は下り坂です。




 DSC_1681




こちらは、 お隣の柿の実です。これは渋柿です。




DSC_1682




このあたりの古い家には必ず柿の木があります。甘柿はおやつに渋柿は吊るし柿にしたんでしょう。かっての三世代同居なら吊るし柿作りは年寄りの格好の仕事でした。おばあさんが日なたで柿の皮をむいている姿を想像するとほっこりします。




DSC_1683





最近、地元の人から聞いた話しですが、熊が柿の実目当てに現れるそうです。我が家もすぐ裏に大きな柿の木があります。屋根に実や葉っぱが落ちるので近いうちに伐ってもらいます。鹿、イノシシ、熊とまるで野生の王国です。なんとか共生できればいいんですが・・・難しいですね。
 

(00:02)

2020年09月13日





DSC_8331




 工房の横の空地の猫じゃらしです。逆光気味で撮りました。


 猫じゃらし 遊ぶつもりが じゃらされて    謙二

別名、狗尾草(えのころぐさ)です。形が犬の尻尾に似ています。そこで犬コロ草、転じてえのころ草だそうです。えのこ草とも言うそうです。


 よい秋や 犬ころ草も ころころと       一茶


一茶の句はほのぼのしますね。邪心満タンの謙二作とは大違いです。早く一茶の心境になりたいものです。死ぬまで無理でしょうが・・・
  
 

(21:37)

2020年09月10日




DSC_8236




 今日は曇りがちの一日でした。気温は低いんですが湿気が多くて空気が肌にまとわりつくようです。




 DSC_8225




 赤まんまです。正式には犬蓼(イヌタデ)です。蓼は蓼酢に出来るんですがこれは約に立たないのでイヌと付いたみたいです。



DSC_8221




赤い実をバラバラにしてお赤飯に見立てたままごと遊びに供した事からの名前らしいです。ここで一句。

 赤まんま 摘む人も無く 秋過ぎぬ  謙二
失礼しました。お口直しに可愛いベイビーカエルをどうぞ。



DSC_8240



(12:44)

2020年09月09日





DSC_4376





 この夏、家の庭のあちこちで見かけた花です。名前を教えてもらえました。キツネのカミソリです。この画像のものは活けられて退色しています。




DSC_4053




庭での姿です。毒があるそうです。



(23:08)

2020年09月06日





DSC_8134




 工房の前の百合の花です。今年はこの百合をよく見かけます。
立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花 今では余り使わないんでしょうか?女性の美しさの表現でしょう。一説にはそれぞれの花の見方だそうです。




DSC_1502




シーボルトが日本から持ち帰った球根がロンドンの競売で高値が付いたそうです。

(23:05)

2020年09月04日






 DSC_8021




 オクラの実です。このオクラの苗、コメリ(農家向けの品揃えが豊富なホームセンターです)で10円で買いました。商品の入れ替えで安くなっていました。庭の隅に植えたんですがすくすく育ちました。食べるのが楽しみです。





DSC_8019




こちらは知人から頂いた花です。名前は分かりません。花の画像を撮ると名前が解るアプリがあるそうです。便利な世の中になったもんです。以前なら植物図鑑を見るか詳しい人に教えてもらうか、いずれにしても手間暇かかりました。便利ですが失くしたモノもありそうです。



(13:38)