植物

2021年01月22日






DSC_0089





 工房の裏の梅です。思い切り剪定されていました。この木の実は小さくていまいちですが間引かれて大きくなるかもしれません。




DSC_0092





桜伐る馬鹿梅伐らぬ馬鹿とか言いますが、梅は上に上にとぐんぐん伸びるので剪定しないといけません。と言いつつ家の梅は伸び放題ですが・・・






DSC_0064

 



剪定前です。伸び放題です。この梅が開花するころにはコロナも落ち着いていればいいのですが・・・

(08:58)

2020年11月15日





_DSC9743





 庭のヤツデです。花が咲いています。


 花八つ手 蒼空目指し 白々と   謙二


葉が蛆殺しになるので汲み取り便所のそばに植えられる事が多かったようです。そういえば子供の頃住んでいた家の裏庭にもあったような・・・
 

(15:07)

2020年10月06日





DSC_1783





 秋海棠(しゅうかいどう)の花です。今日、栗の実を貰いに訪ねた知人の庭にあったものを頂きました。名前は知っていたんですが何故か今日初めて見ました。色も形も可愛い花です。


 臥して見る 秋海棠の 木末かな   子規

 如意輪には 秋海棠を たてまつれ  越人

秋海棠はよく増えるそうです。来年も楽しみです。



(00:03)

2020年10月04日




 今日は朝から曇りです。時々時雨ます。そういえば山頭火に うしろすがたのしぐれてゆくか という句があります。托鉢をしながら旅を続ける自身を詠んだそうです。なんとも淋しい雰囲気です。一方我一人、人々の慈悲を糧に歩む生き方を肯定する気分も少しは感じます。




DSC_1770




 庭の端っこのお茶の花です。清楚でいいんですが、いまいち目立ちません。花はあるけど華が無い・・・失礼しました。




DSC_1776




出来るはずもありませんが、何もかも放り出して漂泊するなんてのも憧れます。精々、二三日で帰るんでしょうが・・・
 

(14:12)

2020年10月03日






_DSC8769




 昨日は雲一つ無い快晴でした。まさに秋晴れの一日でした。こんな日はどこかに遊びに行きたくなります。それでも、ぐっと堪えて仕事しましたが・・・




_DSC8764



工房の裏のススキです。本当は中秋の名月の記事と一緒にアップすればよかったんですが・・・おっとお団子もいりますね。うちの家は季節の行事などには余り頓着しない家でした。月見団子なんて食べた事は無かったですね。来年の中秋の名月には薄を活けてお団子を頂くのもいいかもしれません。
 

(00:05)

2020年09月16日





DSC_4641





DSC_4622




 工房の裏から撮りました。明日から天気は下り坂です。




 DSC_1681




こちらは、 お隣の柿の実です。これは渋柿です。




DSC_1682




このあたりの古い家には必ず柿の木があります。甘柿はおやつに渋柿は吊るし柿にしたんでしょう。かっての三世代同居なら吊るし柿作りは年寄りの格好の仕事でした。おばあさんが日なたで柿の皮をむいている姿を想像するとほっこりします。




DSC_1683





最近、地元の人から聞いた話しですが、熊が柿の実目当てに現れるそうです。我が家もすぐ裏に大きな柿の木があります。屋根に実や葉っぱが落ちるので近いうちに伐ってもらいます。鹿、イノシシ、熊とまるで野生の王国です。なんとか共生できればいいんですが・・・難しいですね。
 

(00:02)

2020年09月13日





DSC_8331




 工房の横の空地の猫じゃらしです。逆光気味で撮りました。


 猫じゃらし 遊ぶつもりが じゃらされて    謙二

別名、狗尾草(えのころぐさ)です。形が犬の尻尾に似ています。そこで犬コロ草、転じてえのころ草だそうです。えのこ草とも言うそうです。


 よい秋や 犬ころ草も ころころと       一茶


一茶の句はほのぼのしますね。邪心満タンの謙二作とは大違いです。早く一茶の心境になりたいものです。死ぬまで無理でしょうが・・・
  
 

(21:37)

2020年09月10日




DSC_8236




 今日は曇りがちの一日でした。気温は低いんですが湿気が多くて空気が肌にまとわりつくようです。




 DSC_8225




 赤まんまです。正式には犬蓼(イヌタデ)です。蓼は蓼酢に出来るんですがこれは約に立たないのでイヌと付いたみたいです。



DSC_8221




赤い実をバラバラにしてお赤飯に見立てたままごと遊びに供した事からの名前らしいです。ここで一句。

 赤まんま 摘む人も無く 秋過ぎぬ  謙二
失礼しました。お口直しに可愛いベイビーカエルをどうぞ。



DSC_8240



(12:44)

2020年09月09日





DSC_4376





 この夏、家の庭のあちこちで見かけた花です。名前を教えてもらえました。キツネのカミソリです。この画像のものは活けられて退色しています。




DSC_4053




庭での姿です。毒があるそうです。



(23:08)

2020年09月06日





DSC_8134




 工房の前の百合の花です。今年はこの百合をよく見かけます。
立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花 今では余り使わないんでしょうか?女性の美しさの表現でしょう。一説にはそれぞれの花の見方だそうです。




DSC_1502




シーボルトが日本から持ち帰った球根がロンドンの競売で高値が付いたそうです。

(23:05)

2020年09月04日






 DSC_8021




 オクラの実です。このオクラの苗、コメリ(農家向けの品揃えが豊富なホームセンターです)で10円で買いました。商品の入れ替えで安くなっていました。庭の隅に植えたんですがすくすく育ちました。食べるのが楽しみです。





DSC_8019




こちらは知人から頂いた花です。名前は分かりません。花の画像を撮ると名前が解るアプリがあるそうです。便利な世の中になったもんです。以前なら植物図鑑を見るか詳しい人に教えてもらうか、いずれにしても手間暇かかりました。便利ですが失くしたモノもありそうです。



(13:38)

2020年09月03日





DSC_8008



 家の前の田です。稲穂が重そうです。この週末にも刈り入れそうです。実るほど首を垂れる稲穂かな
なんてのは昔の話です。実りもしていないのにふんぞり返っている輩のなんと多い事か・・・今や謙遜は美徳では無く自身のプレゼン能力の欠如てなもんです。




DSC_8006





DSC_8007




そんな繰り言はさておき新米が楽しみです。

(11:17)

2020年08月30日





DSC_7855




 庭のブルーベリーです。ようやく熟れてきました。早速、摘んでいきなり口に放り込みました。甘くて美味しかったです。お盆前からの好天で一気に熟れたんでしょう。




DSC_7823




こちらはまだですね。





DSC_7805





DSC_7891




毎年、実を楽しませて貰ったんですが来週には伐ってしまいます。時期が悪いんですが移植してみます。



DSC_7853




今日も酷暑でした。明日も37度だそうです。皆様、くれぐれも熱中症、コロナにお気を付けください。







(22:25)

2020年08月28日





DSC_4231




 よく見かける小さな花です。マクロレンズで撮ったので背景がきれいにボケました。見過ごしがちな自然にも気を配りたいですね。



(16:55)

2020年08月19日





DSC_4207




 
庭の楓です。マクロレンズで撮りました。ピントの合う前後の幅が狭いので難しいです。もう少し露出を絞るほうがよさそうです。とは言え絞り過ぎると背景のボケ
がきれいに出ません。この葉っぱ、どういう加減でかは分かりませんがきれいな紅色になっています。





DSC_4206





こちらは青葉です。被写界深度(ピントの合う範囲)が狭いですね。写真も奥が深いです。価格コムを見ると百家争鳴、諸先輩方のまあ饒舌な事。皆さん語りまくりです。趣味だから何でもいいようなもんですが、逆に趣味故のこだわりもあるんでしょう。私の好きなクラシック音楽でもやれこの指揮者が良いだの、オケ(オーケストラの意味です)はここがいいだのまあうるさい事です。数値化出来ないので余計に語るんですね。いずれにしても平和で無ければ楽しめません。15日の終戦(敗戦)記念日に新聞やテレビで戦争体験が色々と取り上げられていました。知人がつい最近インパール作戦で戦死した伯父様の遺骨収集にミャンマーまで出かけていました。戦火に倒れた人々のおかげで今の平和があります。感謝の気持ちと今の平和を守る気持ちを持ち続けなければいけませんね。

(22:30)

2020年08月08日

 




 DSC_3941




 山吹の花です。5月頃が開花期のはずですが一つだけ咲いていました。逆光気味できれいに撮れました。18mm-200mmのズームの望遠一杯で寄れるだけ寄って撮りました。シグマのお手軽ズームですがMACRO的(近寄って撮れるという意味です)に使えるので便利です。カメラをD300niして、写真を撮るのが面白くなってきました。




DSC_3943




山吹と言えば 七重八重 花は咲けども やまぶきの 実の一つだに なきぞ悲しき

と言う和歌と太田道灌の逸話が有名ですね。以前にも記事にしたので、詳しい事は省きます。山吹は奈良時代から親しまれた花で万葉集にも山吹を詠んだ歌も沢山あります。


山吹の にほえる妹(いも)が はねず色の 赤裳の姿 夢に見えつつ


はねずは庭梅だそうです。ピンクの様な色の花です。裳はスカートのような服です。若々しい歌ですね。それにしても八月に咲くとは不思議です。

(15:30)

2020年08月02日





DSC_0028




 庭のギボウシです。実は鹿に食べられたんですが再び出てきました。このギボウシ、去年も食べられたんですが復活しました。今年は花は無理でしょうが、来年を楽しみにします。若芽や若葉が食用になるそうです。山形県さが産地らしいです。東アジア原産なんですがシーボルトがヨーロッパに持ち帰って今では結構愛好者がいるようです。特にイギリスでは人気があってhosta(英名です) 協会もあるそうです。





DSC_0027




近くに止まったトンボです。
それにしても暑いですね。草刈りや庭仕事は朝早くしか無理です。昼間は冷房の効いた部屋で過ごすのが正解です。(クーラーが無いので扇風機をかけています)皆様、コロナと熱中症にお気を付け下さい。

(16:13)

2020年07月12日





 DSC_1133


 
 
 隣家のクチナシです。きれいです。ヴァニラのような香りがします。





 DSC_1137




使用前




 DSC_1166




使用後。二日ほどでここまで開きました。実はある人から挿し木したらとクチナシを貰いました。適当に挿し木したんですがどうも失敗のようです。お隣の木でもう一度挑戦します。

(09:05)

2020年07月10日





 DSC_1114




 よんどころない事情で枯れてもしゃあないと半夏生を植え替えました。今のところ元気です。地下茎をスコップで切りながらの荒っぽい作業でした。水辺に近く陽当たりのいい所と案外場所選びが難しかったです。日当たりがいいほど葉が白くなるそうです。まだ三四株残っています。次の移植場所を思案中です。




DSC_1115




半夏生は今頃花が咲いて上の辺りの葉が白くなります。花に昆虫をおびき寄せる為かもしれません。たまたま突然変異で白化したら受粉しやすくなったとか理由があるのでしょう。それこそ、関西人の言う所の知らんけどですが・・・





DSC_1117

 



雨の多い梅雨時に爽やかで好きな植物です。京都でも建仁寺の両足院とか有名な名所がありますね。私は家の庭でひっそりと咲いているのが好きです。

(14:12)

2020年07月02日





DSC_0985





DSC_0984





DSC_0983




 今朝8時位の景色です。予報では晴れるそうですがどうでしょう?





DSC_1008





 
やっとうちのネムが咲きました。蕾はけっこうあるなあと思っていましたがなかなか開花しなくてやきもきしていました。




DSC_1002




これでこのネムノキも伐られずに来年を迎えられます。よかった、よかった。
 

(15:08)