植物

2018年03月21日


DSC_0006 (1)

 3~4日前に咲きだした庭の白梅です。あいにくと昨日からは冷たい雨ですが 健気に咲いています。


DSC_0008 (1)

やはり京北は寒いので咲くのが遅いですね。京都の中心部では満開の便りも聞きますがこちらではこれからです。

DSC_0005 (1)

毎年の事ですが梅や藪椿の花を見ると植物の生命力を感じます。私自身にも力をもらえるようで嬉しくなりますね。意のままになり難い人生ですがもうちょっと頑張ろうかと思いを新たにさせてくれます。
五木寛之さんがどこかに書いていました。ちょっとした喜びや楽しみが生きてゆく上で大事なんだそうです。梅の花や鶯の初鳴き(一週間程前に裏の山から聞こえてきました。)、そんな些細なことが慰めになります。不便な事も多いですが田舎暮らしの喜びです。

(17:01)

2018年03月20日


 DSC_0043

ようやく、藪椿が咲きました。今冬は寒かったので例年よりはちょっと遅いかもしれません。
京北にもようやく春が来ました。とはいえ、今日は寒いです。まあ、もう雪は降らないでしょうが・・


DSC_0045


 この藪椿、随分と大きな樹なので満開になると少し暑苦しい感じです。今年こそ椿油を取ってみたいです。


DSC_0048

 花もいいけれど蕾もいいですね。内からの力が感じられます。人でも物でも頂点の前が一番輝いているような気がします。

(17:14)

2018年03月01日


DSC_0007 (4)
 
 昨夜は短時間ですが結構な雨風でした。春一番だったんでしょうか?
画像は一昨日の物です。工房の裏の梅の蕾です。一日陽当たりがいいのでだいぶ膨れてきています。


DSC_0014 (2)

 あちこちから梅の開花の便りも聞きますが京北はやはり寒いですね。開花まではもう少しかかりそうです。今では花と言えば桜ですが奈良時代は花見と言えば梅だったようです。桜の樹の下でのお花見は確かに寒くないし楽しいんですが、たまには梅の花を静かに楽しむのもいいかもしれません。

DSC_0003 (5)

随分と日も長くなったし暖かくなりました。
今日からは東大寺のお水取りです。例年お水取りの間(1日~14日)には寒の戻りがあります。
今年はどうでしょうか。春爛漫が待ち遠しいです。

(18:40)

2018年02月23日


 DSC_0020 (1)

 高雄の楓です。樹形がきれいですね。足元がアスファルトで固められているのが可哀想です。高雄のシンボルツリーはこの楓と 勝手に決めています。楓もなにかきれいな花でも咲けばいいんですが花は地味です。その代わり新緑と紅葉が素晴らしいです。高雄には神護寺、高山寺と名刹もあります。帰り道には仁和寺、竜安寺、妙心寺も近いです。車でもいいですがJRバスなら京都駅から乗り換え無しです。
いささか運賃が高くて時間がかかりますがたまにはのんびりバス旅もいいですよ。

 DSC_0022

 紅葉の時期は混むので新緑の頃がねらい目です。

(19:04)

2018年02月19日

 
 DSC_0015 (1)

庭の梅の枝を部屋の中で活けていましたが昨日開花しました。外の梅の開花は多分一か月くらい先でしょう。

 DSC_0018 (1)

 白梅可愛いですね。紅梅や蝋梅も植えたいですね。

(14:24)

2018年02月11日


 DSC_0011

 そろそろ花粉症の季節です。幸い私はなんともないんですが、周辺には苦しんでいる方も沢山います。ニュースで京阪神の花粉の飛散は昨年の1,2~2倍ほどと言っていました。

 DSC_0007

 よく見ると面白い形をしています。
 

(23:47)

2018年01月20日


 DSC_0323


家の近くの杉の花粉です。今年はそんなに多くないようです(私見です)。幸い、花粉症では無いのではっきり言ってどうでもいいんですが、まわりには花粉症で悩んでいる方も多いのです。たまたま昨年の3月頃、耳鼻科に通っていました。(甲状腺炎でした。薬で完治しました。)患者さんの多いのにびっくりしました。9時から始まるので一番乗りのつもりで行くと既に十人近くの方が・・・
我ながら浅ましいんですが耳鼻科は儲かるなあと 思ってしまいました。


DSC_0325

御多分にもれずこのあたりの杉林もほったらかしです。間伐も枝打ちもしていないので可哀そうなもんです。かって北山杉で儲けたんだからお金かけて手入れすればいいと思うんですが・・・これが本当の後は野となれ山となれですね。

(01:47)

2017年11月28日

 
 DSC_0281

 昨日、好天に誘われて近所の山を少し歩いて来ました。樹々も色づいています。地味な色目ですが静かに秋を感じました。

 DSC_0285 (1)

 いわゆる雑木ですね。この呼び方、あまり好きではありません。すべての物には名前があるはずです。人間に有用な物だけを重視するようで不遜な話しです。まあ雑草もそうですが名前を知ることは大事です。愛着も湧きます。

 DSC_0284 (1)

 たまには、一人静かに雑木林を散策して来し方行く末を想うのもいいもんです。なーんて「笑」

(12:10)

2017年11月25日


 DSC_0270 (1)

11月24日の朝8時頃の高雄の楓です。神護寺に行く道の近くの駐車場の奥にあります。
かっては山の斜面だったんでしょうが車道を作るときに山を切ったんでしょう。足元をアスファルトで覆われて可哀想ですが元気です。独立樹です。先月の台風では京都府立植物園の樹も何本か倒されたようですが風向きが良かったのかダメージは無さそうです。

  DSC_0273 (2)

 高雄の山を背景にすっくと立っている姿はなかなか立派です。随分楓の材も使いましたがこの樹は何時までも元気でいてほしいですね。

 DSC_0272 (1)

 幹の直径は60㎝程ありそうです。手を当てて、しばし樹の命を感じました。

 DSC_0279 (1)

 幹にも風格を感じます。木材市場の土場に横たわっている材木は枝も無く幹の太い部分なので立っている姿は想像しにくいです。でも立ち木の姿はこんなにも立派で沢山の生物を養っています。自然の水と光と土の創造物だと常に思いながら木工という仕事に向き合わなくてはと肝に銘じています。

 DSC_0274 (1)


(01:42)

2017年11月14日


 DSC_0278 (1)

 あちこちで紅葉便りを聞きます。京都市街に出るのに通る高雄の辺りも紅葉狩りの人が沢山いらっしゃっています。道路が混むのが困るんですが仕方がないですね。皆さん。楽しみに来られているんで運転も気を付けて京都に好印象を持って貰いたいものです。で、うえの画像は我が家の楓です。5年前に植えた時は親指位の幹がいまでは野球のバットの太い方ほどに育ちました。今もこの記事を書きながら顔を巡らせると綺麗に見えます。

 DSC_0276 (1)

 今日は朝から雨です。(画像は2日程前の物です)雨に濡れているモミジも風情があります。暖かい部屋から見るのがいいですね。高雄あたりは今週末位がいいと思います。

 

(09:26)

2017年11月12日


 DSC_0264

庭の柿の実が沢山なっています。今年は当たり年のようで昨年より随分と多いです。
残念ながら渋なのでそのままでは食べられません。焼酎で渋抜き出来るようですがやったことはありません。邪魔くさくって・・年寄りでもいれば渋抜きしたり吊るし柿つくったりがちょうどいい仕事になるんでしょうね。

 DSC_0263

 ヤツデと一緒に撮ってみました。柿にピントが合っていませんね。田舎に住みだしてすぐの頃、道端の柿の実をもいで食べたらこれが渋柿で口が曲がるという表現があながち大袈裟でもないなと実感しました。大阪生まれの大阪育ちだったので柿に甘と渋があることすら知りませんでした。最近は近くの道の駅で買ってきたのを頂いています。  

(13:58)

2017年11月11日


 DSC_0272

庭の山芋の蔓に零余子が沢山出来ました。秋の楽しみです。ちぎったのをそのままでも食べられます。
山芋の味です。なかなか野趣があっていいですよ。塩を振って電子レンジでチンするともっと美味しいです。沢山あれば零余子ご飯もいいですね。

 DSC_0269


今日はあまり沢山なかったのでチンして御飯に載せてインスタント零余子ご飯で頂きました。

 DSC_0275

 DSC_0271

この下を掘れば山芋があるはずです。掘る気は全然ありませんが・・・
別に零余子がなければ困るようなものではないんですが飽きの楽しみですね。
家に居ながらいろいろと成り物をいただけるのは有難い限りです。 

(14:35)

2017年10月17日


DSC_0011

庭のお茶の樹に花が咲きました。そんなに派手な花ではありません。ただこの時期は花が無いので
貴重です。普通、植物は花を愛でるか実を頂くかですが、お茶はやはり葉っぱです。
清楚で清々しい姿ですがあまり開花してどうとか聞いたことがありません。
少し可哀そうな気もします。

DSC_0013

そう思うといじらしいですね。
DSC_0010

 よく見ると可愛らしい姿です。


(00:36)

2017年08月21日


DSC_0030 (2) - コピー

去年まで無かった紅い花が庭のあちこちに咲きだしました。はじめはヒオウギかと思いましたが、色目がヒオウギより褪せた感じで葉や茎の様子も違います。

DSC_0026 (2)

 
鳥が種を運んできたのか何かわかりません。この時期花といえば百日紅くらいなので目を楽しませてくれる花が増えるのは嬉しいですね。どなたか名前をご教示ください。

(16:17)

2017年07月20日


DSC_0026 (2)

庭のネムの木が初めて花を付けました。3年程前に勝手に生えてあれよあれよと言う間に大きくなりました。今では樹高4m近くまで育ちました。このネムの後ろに楓があります。こちらは5年程前に植えた樹でうちの庭で一番のお気に入りの樹です。この楓に覆いかぶさるようになってきたのでどうした物かと考えていました。また最近ネットでネムの花を検索すると園芸種以外は花が付くまで10年くらいかかると書いてありました。葉っぱは閉じたり開いたり面白い姿ですが10年は待ってられんなあと思っていたある日てっぺんのほうに何やら紅色の様な物が見えました。なんと花が咲いていました。伐らないと仕方がないかなあと考え出したのが解ったのか、慌てて花が咲いたようで可笑しくなりました。植物は人の心が解るのかなあ。ま、これで伐るのは無くなりました。


DSC_0007 (1)

ネムの花は南国的なイメージで好きですねえ。南方の楽園の感じです。

DSC_0002 

夜になると葉が閉じるので眠りの木と言われたのが名前の由来だそうです。


DSC_0011 (1)

これからは7月の楽しみが一つ増えました。










(01:13)

2017年07月10日


DSC_0017

庭の半夏生です。梅雨の鬱陶しい天気の中で爽やかです。

DSC_0014

 数年前に道の駅で買った一株がここまで増えました。地下茎で増えるそうです。

DSC_0019

梅雨真っ最中です。雨も降らないと困るけれど降りすぎると大変です。晴れるとやたらと暑いし・・・
皆様、ご自愛ください。



(19:42)

2017年06月23日


DSC_0001

家の裏のユキノシタの花です。元々自生していたんですが年々増えています。日当たりの悪い湿気の多い所が好きなようです。

DSC_0003

DSC_0007

地味な花です。

DSC_0012

葉っぱの裏面は火傷に貼るといいようです。水膨れにならないようです。葉の表面だけに小麦粉を付けて天ぷらにするそうです。見た感じあまり美味しそうではありませんが・・・




(16:02)

2017年06月21日


DSC_0014

ヤツシロソウの花が咲きました。熊本県八代原産の山野草です。阿蘇周辺に自生しているそうです。生育地の環境悪化で環境省の絶滅危惧種になっています。これも道の駅で買いました。宿根の多年草なので毎年楽しめそうです。植物でも動物でも絶滅するのは悲しいですね。多様性の無い世界は淋しいです。

DSC_0017

早く地植えしたいんですが鹿が夜ごと出没するので家の周りに木柵を巡らせてからになりそうです。
近所の畑はコンクリート基礎に入れるメッシュで厳重に囲っています。まあ生活がかかっているから当たり前でししょうが・・・

DSC_0016

きれいな色ですが受粉してくれる昆虫にはどんなふうに見えているんでしょう?種を残すのに有利なように進化した結果こんなにきれいな色になったんでしょうが・・・ 


(16:06)

2017年06月19日


DSC_0018

 最近近くの道の駅(ウッディ―京北)に山野草のコーナーが出来ました。昨日そこで買ってきたアマネランの花です。中国、四川原産だそうです。

DSC_0020

ネットで検索したんですが出てこなくてどんなところに植えたらいいのかわかりません。ランは何となくあまり陽の当たらない山中に咲いているイメージなんで半日陰がいいのかなと勝手に思っています。

DSC_0026

 この頃、園芸も楽しくなってきました。歳ですかね。



(14:32)

2017年06月07日



DSC_0039 (1)

庭の梅の実です。だいぶ大きくなりました。まだ青いので収穫はだいぶ先ですね。

DSC_0036 (2)

本当に爽やかな緑色です。人の手では出せない色ですね。
梅の木に感謝です。


(19:16)