植物

2017年04月17日



 ご近所の枝垂れ桜が咲き始めました。

DSC_0006 (2) - コピー

この樹は少し赤みがかった花が咲きます。そんなには大きな樹ではないのですが可憐な感じで好きな樹です。

DSC_0002 (3) - コピー

まだ、ほとんど蕾です。一分咲きくらいですね。

DSC_0005 (2) - コピー

この樹のある家は売り家で前が府道になっています。結構なスピードで車が走っていくので気に留めている人もほとんどいません。少し可哀そうな気もしますが、当の桜は毎年、律儀に咲いて楽しませてくれます。
出来ることなら家の庭に移植したいくらいです。

DSC_0007 (3) - コピー

一週間後くらいが満開でしょう。楽しみです。


(00:44)

2017年04月15日


 DSC_0026 (1) - コピー

 庭の白椿が満開です。1月の大雪で屋根から落ちてきた雪の下敷きになって全体が傾いています。一部、枝が折れたので添え木をしてガムテープでぐるぐる巻きにしました。それでも折れた枝の先にも花が咲いてなんとか回復しているようです。

DSC_0031 (2) - コピー

白い椿は咲いた直後が一番きれいですね。すぐに茶色の斑点が入ってしまいます。

DSC_0020 (2) - コピー

もっといろいろな種類を植えたいですね。いっぱいあるみたいです。


DSC_0021 (2) - コピー

この椿が咲いて、コブシが咲くと京北も春本番です。背伸びして体を伸ばしたい気分です。


(15:53)

2017年04月14日


 京北、魚ヶ淵の枝垂れ桜の様子です。やはり京都中心部に比べるとだいぶ遅いです。

DSC_0058

なかなか立派な枝垂れです。

DSC_0073

この桜上桂川に架かっている吊り橋のたもとにあります。昨年は吊り橋の基礎が流されたとかで立ち入り禁止でしたが今年は渡れます。
DSC_0069

DSC_0062

DSC_0061

DSC_0060

DSC_0076

DSC_0065

不便なところにあるので、見に来られる方もまばらですがこの時期京北に来られることがあれば是非お立ち寄りください。静かにお花見ができます。



(01:18)

2017年04月04日


DSC_0004 (2)

 今日は暖かい一日でした。わりと寒い日が多かったので梅の花も長持ちしてくれましたが
流石に散り始めました。これはこれで風情があります。どんな花でも散るからいいんですね。
桜でもあっと言う間に散るからいいんでしょう。百日紅なんて熱い盛りに延々と咲いているので
あまり好きになれません。

DSC_0002 (2)

少し散りだすと花びらの下の紅い部分が見えだして艶めかしいです。

DSC_0003

今朝のテレビで醍醐寺の枝垂れ桜が五分咲きなんて言ってましたが京北の桜は当分咲きそうにありません。
田舎に住んでいると地元の花が遅いので長い期間お花見が楽しめます。

DSC_0005 (1)

週末は友人と玉川(木津川市)でお花見です。雨が心配ですがちょうど満開くらいでしょう。
人出が多いでしょうが仕方ありませんね。


(23:59)

2017年04月03日


DSC_0025

 藪椿も続々と咲いてきました。

DSC_0031

この樹は結構大きいので一体いくつ咲いているのか数える気にもなりません。
まだ蕾もいっぱいあるので当分楽しめそうです。梅のように実が食べられたらなおいいんですが・・・
今年は椿油作りにチャレンジしても面白いかもしれません。

DSC_0028

昨日はよく晴れて日向では暖かい一日でした。もう少しで春爛漫です。



(01:01)

2017年03月17日


DSC_0023 (1)

今朝は少し冷え込みました。昨日も寒かったし、一直線に春とはいきませんね。そんななかでも庭の白梅が咲きだしています。今日はきれいに晴れたのでいっそう白が映えますね。

DSC_0025 (2)

近所の白梅はほぼ満開ですが、うちのは山の杉の影になりやすいので咲くのが遅いです。

DSC_0027 (2)

世間では不愉快な事件ばっかり起こっていますが、梅の花を見ていると心が穏やかになります。

DSC_0030 (2)

梅の花は桜の影に隠れて人気はいまいちですが奈良時代は花見と言えば梅だったようです。
菅原道真公の頃はまだ人気があったんでしょうか?西行さんの頃はもう桜がメジャーになっていたようです。西行さんの山家集の春の巻では梅の歌が10首程かたや桜は130首程と圧倒的に桜の歌が多いです。西行さんが個人的に桜が好きだったとしても(願わくば 花のもとにて春死なん この如月の 望月の頃 という和歌が有名ですね。実際そのころに亡くなっています。)平安末期には桜に負けていたんでしょう。

DSC_0024 (1)

まだまだ寒い時期に一生懸命咲いているのを見ると健気な気がします。
もっと梅にも注目しましょう。


(14:19)

2017年03月07日

DSC_0045

梅の花が次々に咲きだしました。可愛いですね。若いころは花なんて興味が無かったんです。
長い田舎暮らしで樹や花に親しんで自然に好きになりました。やはり環境は人を変えます。

DSC_0046

今日からまた寒くなるそうです。せっかく咲いたのに少しかわいそうですがこの時期仕方ありません。

DSC_0049

昨日、友人から花見のメールが届きました。花見といえば当然桜の花ですが、染井吉野は江戸時代に作られた品種なので西行さんが見た桜は山桜とか望月桜だったんでしょう。その以前奈良時代ころは梅を愛でていたようです。梅は咲く時期が少し早すぎて損をしていますね。梅の花を見ながら宴会は寒いでしょう。ビールは飲みにくいでしょう。その点、桜はジャストミートです。
ま、花を愛でて実が大きくなるのを楽しんで梅干しや梅ジュースを楽しめるんですからこんないいことはありません。梅の樹に感謝です。




(14:42)

2017年03月05日


DSC_0038

 白梅がやっと咲きました。まだ一輪ですが可愛いですね。今年は例年より遅いと思います。


昨日はこんなでした。

DSC_0018

なにはともあれ春です。朝の冷え込みも零下にならず体も楽になりました。
もう雪も積もらないかな・・・ わかりません。
温度変化が大きい時期です。皆様、ご自愛下さい。 


(16:48)

2017年03月01日

 
 庭の藪椿がやっと咲きました。昨年は暖冬でずいぶんと早く咲きだしたんですが
今年は例年並みか少し遅いくらいです。


DSC_0013

大きな樹なんでいっぱい蕾がありますが今は一つだけ咲いています。3月になったし京北にも春が訪れたようです。そういえば、今日からお水取りですね。

DSC_0010

 今年の冬は大雪で停電あり周山街道の通行止めありで大変でしたが人が亡くなったり、怪我をしたりも無かったのがせめてもの救いです。

DSC_0002

 白梅ももう咲きそうです。今週中には大丈夫でしょう。


(14:27)

2017年02月17日

 

 DSC_0031


 昨日の庭の梅の蕾です。だいぶ膨らんできました。今ちょうどテレビのニュースで大阪で梅の開花とか言っていました。京北は寒いので多分今月末くらいでしょう。昨日今日は暖かかったんですが、明日からまた寒くなるようです。今年は大雪もあって寒い冬の印象ですが実際はどうなんでしょう。とにかく早く春が来てほしいですね。



(19:02)

2017年02月06日


 庭の梅の蕾が膨らんできました。

DSC_0009


紅梅らしく色付いています。ここしばらく寒い日が多かったので開花はどうでしょうか?
あちこちから開花のニュースを聞きますが京北ではまだ先の話です。
もう少し我慢です。



(00:20)

2017年01月19日



 先日の雪の中、梅の蕾が健気にも膨らんできました。

DSC_0024 (1)


この梅が咲くころには少しは暖かくなっているでしょう。

DSC_0022 (1)

それにしても停電には参りました。家のあたり、数十軒だけがなかなか復旧しませんでした。送電線の関係で最後になったようです。少し雪が多いと毎度停電するので地下化するとか何か対策を考えてもらいたいですね。
まあ、愚痴を言っても始まらないので休んだ分を取り戻すよう仕事を頑張ります。



(13:20)

2016年12月29日


DSC_0009 (2)

庭の藪椿の蕾です。この木は例年花が咲くのが遅くて2月末くらいに咲きます。今年は暖冬で早かったんですが
来年はどうでしょう。この椿が開花するころは暖かくなっているでしょう。


(14:42)

2016年12月25日



DSC_0016 (1)

梅の蕾が出来ています。可愛いですね。今日は日差しもあって穏やかな日曜日でした。
今年はクリスマス寒波もありませんでした。年末年始も雪にはならないようです。(分りませんが…)
まあ1月2月が本当に寒いので油断禁物です。

DSC_0013 (1)

この梅は本当にありがたい樹です。開花を待つ楽しみ、花を愛でる楽しみ、実を収穫する楽しみ、梅干しをいただく楽しみと言葉では言い表せないほどです。

DSC_0011 (1)

花が咲くのを楽しみに冬を乗り切ります。


(19:37)

2016年12月10日


DSC_0009

庭の端っこのお茶の樹に花が咲きました。地味な花です。侘茶の精神には合うのかな。
葉をつんで蒸せば自家製のお茶も出来るんですがなかなかね。蒸し加減で日本茶にもウーロン茶風にも紅茶にもなるんですが、一念発起して来年は挑戦してみましょうか。


(12:09)

2016年12月05日


DSC_0022

お隣さんの庭の紅い実です。何という樹か知りません。。もう2か月くらいずっと成ってます。
取りも食べないところをみると美味しくないんでしょう。

DSC_0018

名前がわからないのは気持ちが悪いもんですね。どなたかご存知の方、教えてください。



(15:13)

2016年11月25日



庭のモミジも大方散りました。仕方がありませんね

DSC_0046

いよいよ冬です。暑いのはわりと平気なんですが寒さには弱いんでせいぜい厚着でがんばります。今年はインフルエンザの予防注射もしようかと思っています。皆様、くれぐれもご自愛ください。


(23:51)

2016年11月23日


庭の柿の木の葉がすっかり落ちてしまいました。実だけが残っています。

DSC_0037 (1)


今年は生り年らしく実が多いです。残念ながら渋柿です。空の蒼と実の色のコントラストがきれいです。
渋抜きすればいいんですが邪魔くさくて・・・かっては吊るし柿を作ったり子供のおやつにと取っていたんでしょうがこのあたりでも実がついたままの樹が多いです。最近、このあたりも熊が出没するようですから実は取ったほうがいいようです。

DSC_0036 (2)

来年は頑張って吊るし柿に挑戦してみます。


(17:33)

2016年11月22日



ライトアップの翌朝の様子です。たまたま近くを通ったのでパチリとしました。

DSC_0012 (4)

実物はもっと鮮やかな黄葉ですが曇っていて発色が悪いですね。
よく見ると本殿の後ろが山になっていて巨石がありました。そもそものご神体でしょう。神道以前の自然崇拝なんでしょう。山とか滝とか岩とかを崇拝するのは理屈抜きに理解できますね。

DSC_0003 (5)

いろいろと便利な物に囲まれて、快適に暮らすのは結構ですがたまには自然の中で岩や樹を見るのもいいと思いますよ。

DSC_0011 (4)


よろしければ来年是非おいでください。京都駅からJRバスがあります。(高いけど‥)。小野郷のバス停からすぐです。帰りに高山寺、神護寺に寄ってもいいですね。車だと京都中心部から1時間くらいです。


(16:44)

2016年11月18日


DSC_0012 (3)

工房の裏のススキです。午後は逆光気味で光って見えますが画像ではいまいちよくわかりませんね。

DSC_0013 (3)

これだけまとまってある場所は案外少ないです。

DSC_0020 (2)

曽爾高原のように一面のススキがあればいいんですが京北にはありませんね。
耕せるところはどこでも耕してきたんでしょう。山ばっかりで平地が少ないですから・・
何の気なしに見てる風景も先人の営みの積み重ねです。




(16:26)