自転車

2020年08月07日






DSC_3979
 



 久しぶりの自転車散歩です。梅雨の雨や梅雨明け後の暑さで暫らく乗っていませんでした。朝早くなら暑さも大丈夫です。往復11kmくらい乗ってきました。上桂川沿いの堤防の上を走りました。




DSC_3977




宇津峡公園の屈曲部です。




DSC_3985




今は川の流れも穏やかです。鮎師も増えています。




DSC_3980




堤防に接した田圃です。




DSC_3981




長閑な田園風景ですが猪や鹿対策にぐるっと電気柵で囲まれています。昨夜も車で走っていると鹿の集団が道路を横切っていきました。動物とどう折り合いを付けて暮らしていくか難しいですね。ともあれ、久しぶりにいい汗をかきました。







(09:12)

2020年04月04日





 IMG_20200403_112256





 昨日、天気がよかったのでロードレーサーで日吉ダムまでライドしました。家から上桂川沿いに往復20㎞弱です。最近のコロナ禍で密集は避けないといけないそうですが、京北ではどこの話しですか?てなもんです。あちこちで写真を撮りながらゆっくり走って1時間半程でしたが、遭遇したのは車5台、バイク3台、自転車1台、畑仕事の人数名でした。これで感染したら日本国中全員アウトです。







IMG_20200403_112406

 




IMG_20200403_112357





ダム湖までの途中はあちこち桜が植わっていて花見サイクリングでした。本当は自転車フレンドと来たらもっと楽しかったんでしょうがこのご時世仕方ありません。



(15:31)

2019年06月27日


 
 帰りはほぼ平坦か下り坂で快適でした。特に国道からそれた枝道で川沿いに下る部分は川の冷気で涼しく車も少なくて気持ちよかったです。今回のコースでの一番でした。途中、小休止をしながら和束まで下りました。最後の寄り道 DAN DAN CAFEに到着です。


 DSC_0372


ちょうど、茶園を見晴らす位置に建っています。最近、オープンしたそうです。tea field viewの窓際に席を取りました。そこからの眺めです。



DSC_0366


茶葉を刈った部分が入り混じっています。傾斜地での耕作は大変だろうなと茶農家さんの苦労を思いながら抹茶ラテを頂きました。



DSC_0370



自転車用のホルダーというかスタンドもあります。ここで、最後の記念撮影です。



DSC_0373



後は阿久津事務所まで雨と競争で帰りました。ポツポツきましたが、日頃の行いがいいのかなんとか濡れずに帰りつきました。打ち上げでは皆さんビールで、私はノンアルコールで乾杯です。外ではとうとう雨になり、結構降っています。今回のライドは2~3日前の天気予報が思わしくなく延期かなあと思っていました。幸い、お天気になり夕立にもあいませんでした。プランニングをして下さった阿久津さんに感謝です。パンクも無く、無事に帰って来られて本当に楽しい一日でした。秋には京都方面でどこかに行こうかという話しが出ています。今から楽しみです。

(09:49)

2019年06月26日


 窯元を後にさらに3km程走ってNOTA SHOPに到着。随分と大きな建物でどう見ても何かの工場風です。幅4㎝程の細い板を壁面にしたミニマリズム風の外観です。内部はがらんどうの空間です。屋根を支えるトラスも表しです。元々は製陶工場だったそうです。


171102_nota02-1850x1233




ケヤキの45cm角の材を重ねたものや、ウエンジの分厚い材を展示台に使っていました。素材感を出しているんですが嫌味にならず好感が持てました。過剰に素材を強調して暑苦しくなっているのもよくありますから。オーナーは地元出身で京都精華大で学んだまだ30代の若い方らしいです。


171102_nota04-1850x1233



展示してある焼き物や木工の小品など見て30分程で出発です。次は和束で茶園を見ながらお茶します。

 続く
  

(09:02)

2019年06月25日


 加茂駅から木津川沿いの旧街道を少し走り木津川を渡って和束をめざします。そう車は多くはありませんが大型のトラックやダンプカーが横を通るのは気持ちのよいものではありません。仕事で乗っているドライヴァーは遊びでちんたら走りやがってと思てるやろなあとか考えながらひたすらペダルを回します。信楽までは基本ずっと登りです。勾配はしれていますが先頭の阿久津さんから少しずつ遅れていきます。有難い事に最初の休憩スポットのコンビニに到着です。コンビニの横にカラオケ屋さんがあって、阿久津さんが以前、ランチを食べたとかでお店のおばさんに声をかけました。それぞれ、自転車を置いて鍵をかけていると、そのおばさんが小さな駕籠に山盛りの飴ちゃん(関西ではキャンデーなどをこう呼びます)を持ってきてくれました。有難く、塩飴や昆布飴、など頂きました。関西ではなぜかおばちゃんがキャンデーをくれます。私の知人のおば様もどこからか出してきてくれます。贈答文化ですね。私は持参の水をグビグビと飲みました。2~3日前の天気予報が外れていい天気です。真夏ほどの暑さではありませんが熱中症には気を付けないといけません。15分程、休憩してつぎは手打ち蕎麦屋目指します。ここからも登りで最後の3km程が少しきついらしいです。とにかく何も考えず前を行く小笠原さんの背中を見ながらひたすら走ります。案じていた坂もそうきつく無く(家から工房までが結構な激坂なので耐性が出来たようです。)11時少し前に蕎麦屋さん(黒田苑とかいう名前でした)に無事到着です。大きな古民家を移築した立派なお店です。



 IMG_2659 (1)



蕎麦屋です。開店前にもかかわらずすでに30人位がノートに名前を書いています。順番待ちの人用のテントも見えます。味はまあまあですが、少し量が少ないかな。打つ手間とか、分かるんですが余り少ないとねえ・・・今もあるのかどうか知りませんが、松本のもときは少なかったですねえ。1000円もするのに4~5口で食べてしまいそうな量でした。店内には帝国ホテルの村上料理長の記事の乗った雑誌が飾ってある、何か勘違いした店でした。そもそも、蕎麦は米が育たない山地で仕方なしに食べていたようなものです。何かの本で戸隠の年寄りが子供の頃は来る日も来る日も蕎麦でいやになったなんて言っていたという話しを読んだ記憶があります。大体、食べ物に能書きを言うのも聞くのも好きではありません。出されたものを黙って食えと、思います。脱線しました。ゆっくり蕎麦をいただいて、腹七分目程で最終目的地の信楽目指して出発です。ここからは国道307号を通るのであまり楽しい道のりではありませんでした。それに1時間以上休んで、体がなまったのか今回の行程中、一番しんどかったです。で、一応の目的地、信楽焼の窯元に到着です。ここは登り窯カフェがあります。早い話が、斜面に段々とある登り窯の中でコーヒーをいただくという趣向です。中は結構広くて、幅2,5m奥行き5mくらいあります。テーブルと椅子が6脚程置いてあり、裸電球の光で壁の耐火煉瓦が鈍く光っています。コーヒーの味が期待できそうも無いので狸達と記念写真を撮って、小笠原さんご推薦のギャラリーに向かいます。



IMG_2660


続く





  

(16:31)

2019年06月24日



 56ce6197-s


 一昨日の土曜日に友人5人で奈良市高の原から和束経由で信楽までロードレーサーで走りました。京都から高の原の建築家の阿久津さんの家まで車で行きました。6時45分に京都在住の辻野さんを堀川御池でピックアップして8時前には着きました。勿論、自転車を積んでいます。残りの参加者、小笠原さんと大野さんは電車でJR加茂駅まで来ます。早い話が輪行(自転車の前輪、後輪を外して大きな袋に入れて肩から下げて電車などで移動します。嵩張るしかなり重いです。)です。ジュースを頂いて8時過ぎには高の原を出発しました。阿久津さんが道を知っているので先頭です。彼は相当走りこんでいるのでそこそこ早いペースでぐんぐん進んでいきます。私は2番目、最後は辻野さん、この方は京都の自転車イヴェントのスタッフをしたりKBS京都というローカルのラジオ局で自転車のお話をしたりという大ヴェテランです。私は2年程前に中古のロードレーサーを入手したんですが余り乗っていなくて今年の4月位から家の周りを15km位乗るようになりました。最近は家から工房まで乗っていったりしています。ところが家を出てすぐに上り坂で、途中結構きつい所もあって以前は休憩しながらでした。やっと最近、休憩無しで頂上までいけるようになりました。そんな具合で最長距離も日吉ダム往復の30数キロでした。事前に調べると大体往復して80km程なので行けるかなあとは思いましたが、折角のお誘いなのでチャレンジするかと参加しました。とにかく、阿久津さんに少し離されたりしましたが加茂駅まで10kmは無事に走り終えました。駅前で5分程休憩しているとお二人が黒い大きな輪行袋を担いで階段を下りてきました。



DSC_0364 (2)



これからお二人が自転車を組み立てます。なんやかんやで15分位で組み上がりました。コンビニで買い物を済ませていよいよ出発です。  続く

(16:40)

2019年05月18日



  DSC_0074



 周山の街外れです。流れているのは上桂川です。見えている橋を通って来ました。伝承によると周山という名前は明智光秀が山城を築いて周山城と名付けたからだそうです。中国の周の武王にちなんでいるとかで立派な名前です。私は周山という名前はなかなかいい名前だと思っています。来年の大河ドラマは明智光秀なんですが周山も何かそれにちなんだイヴェントでもするんでしょうか?それはさておき周山はかっては商店街もあって相当に賑やかだったようです。地場産業の林業も栄えていました。今でも銀行、郵便局、スーパーマーケット、農協、右京警察の支所、区役所の出張所、道の駅、ガソリンスタンド、コンビニ、JRバスの終点と京北地区の中心です。京北は平成の大合併で右京区になったんですがそれ以後高齢化と林業の不振で人口は減少しています。最近役所もようやく移住促進とか言い出しました。遅きに失した感もありますが何もしないよりはましでしょう。



  DSC_0072


魚ヶ淵のつり橋が見えています。画面奥から川沿いの道を走ってきました。一か月後には鮎師の姿も見られるでしょう。



  DSC_0073


道路の上で撮影しました。車の通らない道路は変な感じです。カメラを構えてもつい後ろを振り返ってしまいました。結局小一時間かけて工房に着きました。家の辺りが標高220m程、栗尾峠が421mです。標高差200mを登って降りた勘定です。工房からの帰りはほぼ下りで10分かからず帰りました。ただ途中のダウンヒルが急勾配すぎて爽快というより怖かったです。本当は今日も走りたかったんですが小雨模様で諦めました。またお天気のいい日に走ります。

(15:38)


 DSC_0068



 昨日は絶好の自転車日和でした。昼から工房まで自転車で行きました。魚ヶ淵を通って桂川沿いに周山までたどり着きました。ここまではほぼ平坦な道です。車も通っていません。少しだけ国道162号線を通ります。京北、美山と京都市中心部を結ぶ幹線道路なので結構車も通ります。大きくよけて追い越してくれるドライバーもいれば すぐ横を追い越す人もいます。こんなところにも人柄が出ます。京北トンネルの脇からいよいよ栗尾峠の始まりです。ギアを一番軽くしてゆっくり登りました。トンネル開通までは162号線の難所でした。(特に冬は)


 DSC_0073



今は車は通行禁止です。自転車と人専用です。車と一緒に走らなくていいのは嬉しいですね。



 DSC_0064


途中の展望台から見た周山の街並みです。 続く

(01:01)

2018年05月28日


 DSC_0022 (3)

 ロードレーサー用のインフレーターを買いました。アマゾンで3000円程です。こういう物は安くなりましたねえ。しかもアマゾンでポチっとすれば翌日には届きます。こんなに便利でいいのかと思います。

 DSC_0024 (5)

空気圧のゲージもついています。全体の造りは安っぽいです。まあ値段が値段なんで仕方ありません。自転車もあまり乗れていないんで空気を入れてまた走りましょう。

(13:35)

2017年05月14日


DSC_0001 (1)

中古ですがロードレーサーを買いました。GIANTのDEFYです。とりあえず安くて程々の自転車です。ヤフオクで買いました。元競輪選手の方の営んでおられる自転車屋さんから買いました。ヤフオクで買った自転車のメンテナンスは断られたり、高い料金を請求されたりすることも有るようなので少し心配していました。幸い、買ったお店のご主人がわからないことは何でも教えます、メンテも無料でしますとおっしゃって下さったので一安心です。整備したりいじるのも自転車の楽しみともおっしゃていたので出来ることは自分でやろうと思っています。
学生以来のロードですが、まあボチボチと乗っています。実は友人の建築家が昨年、健康増進のために買ったロードレーサーにすっかりハマって盛んに買え買えと勧められていました。季節もよくなってきたのでそれではと買った次第です。幸い家の周りは車も少なく自転車には絶好の環境です。休日には沢山のロードレーサーを見かけます。皆さん、ウェアも決めて快走されています。こちらは少しの坂でも四苦八苦ですがだんだんと脚力もついてくるだろうと裏付けのない期待だけで走っています。実はその友人達は今週、びわ湖一周(通称びわ一)に挑戦します。私も誘われたんですが流石に無謀すぎるとご辞退させてもらいました。来年は是非参加したいもんです。

DSC_0003 (1)




(18:29)