展覧会

2019年11月09日



 DSC_0496



 今日、三日目も無事に終了しました。友人、古い知人、大学の同窓生、など入れ替わり立ち代わり来てくださいました。十数年ぶりにお会いする先輩から共通の知人の訃報を聞かされたり歳月の重みも感じました。上の画像は会場風景です。右奥に根来塗作家の伊藤さんの姿が見えます。手前、床に直置きされているのは 茶道の立礼(椅子式)用の棚です。御園棚と言います。元は外国の方用に考案されたようです。正座が出来なくなった御高齢の方にも好評なようです。若い人の中には和室の無い環境で育った方も多いので受け入れられやすいでしょう。あるお茶会でも立礼でも一服頂きました。ただ茶道の基本は正座なので立ち居振る舞い方など検討する点は多いと思います。



 DSC_0515



W1350 D440 H500です。ケヤキ材に軽く拭き漆を施してあります。真ん中の板の部分は取り外せます。普通の御園棚は黒漆仕上げなので木地を見せた仕上げは新鮮に見えるようです。



 DSC_0510



お釜の部分に蓋が出来ればデスクにもなりそうです。お茶をされている方は興味津々で見ておられます。今や座敷の無い家も多いので椅子式のお茶会が今後増えるかもしれません。



 DSC_0512




こんな椅子も出品しています。今日で展覧会も大方半分過ぎました。明日からの後半も頑張ります。



(00:28)

2019年11月08日




 DSC_0172



 二人展、二日目終了です。今日も沢山の方に来て頂きました。



DSC_0157



こちらは出品作の御園棚です。見ての通り、茶道に使うお棚です。椅子でのお点前用です。正座が出来ない外国人用に裏千家の方が考案されたものらしいです。近鉄のお得意様の女性に一目惚れでお買い上げいただきました。マンション住まいで和室が無く、リフォームを考えられていたらしいです。この御薗棚なら置くだけで済むのと、お友達も正座がしんどい方も増えてきているので立礼がいいかなとおっしゃられていました。明日はどんな出会いがあるのか楽しみです。11時から終了まで在廊いたします。
 
  

(00:30)

2019年03月19日



   DSC_0006 (1)



 昨日、リトグラフ展とご案内しましたが、初めての石版画展というタイトルでした。会場は京都納品河原町通りの四条と三条の真ん中位の蛸薬師通りの西南角のギャラリーマロニエの5Fです。1階はソフトバンクのお店です。



   DSC_0013 (1)



桜には少し早いですが京都に来られてお時間あればお寄り下さい。入場無料です。
今日の午後5時からオープニングパーティーです。私は所用で参加できませんが・・・ 

(10:00)

2019年03月18日



  DSC_0231



 昨日はリトグラフのグループ展の搬入でした。火曜日から日曜日まで京都のギャラリーマロニエで開催されます。陶芸家や日本画家、金工家など美術、工芸家のリトグラフと本業の作品を並べて展示します。私は本職のほうはアームチェアとサイドテーブルを 出品します。


  DSC_0234 (1)


こちらがリトグラフです。額も作りました。スポルテッドの栃材です。スポルテッドは要するに菌やカビに侵されて黒や茶色いシミが出来ることです。その部分は材が柔らかくなっているので強度の必要なものには(椅子の脚など)使えません。かっては日本では使いませんでした。ところが、アメリカの木工に関する書物などには以前からスポルテッドの材の作品も結構載っていました。アメリカ人はこんな材も使うんやと思っていました。最近では日本でもスポルテッドという言葉も市民権を得たようです。各務原の市の売り子のおっちゃんもスポルテッドなんて言っています。どちらかというと若い人のほうが抵抗なく受け入れているようです。年配の銘木屋さんなどはあんな腐った材なんてという感じでしょう。で、たまたま工房に転がっていた傷んだ栃を使ってやれと思い立って額にしてみました。あまり手に触れず見るだけのような額なんかにはいいかもしれません。侘び寂びというか自然を感じられて案外いいなと思いました。ストーブで燃やそうかと思った物がまさかの復活です。



  DSC_0237



こちらが石版です。けっこうな重さです。ま、石ですから・・・今回のリトグラフ制作はまず石版を砥石と金剛砂で磨くところからでした。明日、会場に行くので会場風景や場所、時間など詳細をアップいたします。


(10:21)