音楽

2017年11月26日


   get-resimg
 
 京響の定期に行って来ました。今回はステージの後ろの席です。いつもはB席で聴くことが多いんですが間際にチケットを取ったのであまりいい席が残っていませんでした。それならP席でもいいかとチャレンジしてみました。何より安いです(2000円でした)。プログラムはベートーヴェンのピアノコンチェルト5番皇帝とジョン、アダムスというアメリカ人の作曲家のハルモ二―レーレという曲でした。まあ皇帝はピアノコンチェルトのなかでも一二を争う有名曲で人気もある曲です。私も大好きです。何か颯爽として大阪弁で言うところのしゅっとしてかっこいい曲です。皇帝でも若くて有能でイケメンのイメージですね。指揮は下野さんソリストはウクライナのまだ若い女性でした。どうもこの頃の傾向としてコンチェルトのソリストに若い女性を立てる傾向がありますがどうなんでしょうか。日本人でそこそこの御歳でも実力のある方も沢山いらっしゃると思うんですが・・・まあ聴衆は圧倒的にシニアの男性が多いのでそりゃあ若いお嬢さんのほうがいいんでしょうが・・それにしても聴衆の高齢化はすごいです。まあ若いもんが昼日中から辛気臭いクラシックに高い金を出して聴きに来るかと言われれば自身の若い時分を思い出しても行かないかとなりますが。でも何か対策を考えるべき時期かもしれません。30歳以下は500円の席を作るとか思い切ったことをしてほしいですね。で、演奏ですが皇帝はピアノがやや線が細い感じでしたが下野さんの指揮も京響も良かったです。随分と前に朝比奈さんと大フィル、仲道郁代さんで聴いたんですがよく覚えていません。後半のハルモ二―レーレですが実はジョン、アダムスさんの作品はCDでも実演でも聴いたことがありませんでした。ウキペディアで調べるとミニマルミュージックのライヒやグラスに影響を受けた現代音楽の作曲家でロサンゼルスを拠点に活動されているそうです。無調では無く比較的聴きやすいともありました。演奏は実に面白くて40分程ですが随分と短く感じました。この曲はオーディオ装置では再現不可能です。ティンパニーの強打なんてスピーカーが飛んでしまいます。久しぶりにクラシックのコンサートで興奮しました。残念な事に1楽章終わって4~5人の方が退出されましたが。最近のクラシックのコンサートのプログラムは同じような曲ばかりで(例えば皇帝と運命とか)行く気が萎えることが多いのです。今回の定期は下野さんのヒットですね。また現代の作曲家を取り上げて欲しいです。営業面では難しいのかもしれませんが。コンサートは大体が二部構成なのでどちらかコンテンポラリーで後は有名曲でいいんじゃないですか。例えば、ペンデレツキのヴァイオリンコンチェルトとチャイコフスキーの5番とか。無理かな・・・ 以前に猪熊弦一郎美術館に行ったとき同行したご婦人に抽象画を見てわからない、どう見たらいいの、と聞かれて解らなくていいんです、色がきれいとか形が面白いとか感じればいいんですと説明しました。もひとつ腑に落ちないようでした。残念ですがそういう認識かもしれません。でも現代美術も音楽も面白がって体験してほしいです。自分自身の観念を打ち破るのは快感です。


(14:29)

2017年07月24日


4290411102_20170127123757

昨日(23日)、兵庫県立芸術文化センターで佐渡さんのフィガロを観てきました。
ワインマニアの友人夫妻と彼らの大学の同級生のお医者様ご夫妻と一緒でした。
2時開演で、一回休憩があって5時40分くらいに終わりました。
モーツアルトのオペラは随分前にドンジョバンニを見て以来です。今をときめくブリン、ターフェルがマゼットで出ていましたからもう20年以上前になりそうです。
歌手が日本人組と海外組での交互の公演でその日は海外組の千秋楽でした。伯爵は中国人、伯爵夫人は南アフリカ、スザンナはドイツ、フィガロ,ケルビーノはアメリカと国際色豊かな配役でした。歌手の皆さん、まずまずの出来でした。なかでは伯爵夫人のソプラノが良かったです。ケルビーノのサンドラ、ピケス、エディーさんはカルメンのタイトルロールでいいなあと思いましたが、アリア「恋とはどんなものかしら」の出来がイマイチで少しお疲れの様な印象でした。演出、美術はよく言えばオーソドックス、悪くいえば凡庸でした。まあ西宮のお客さんにあまりぶっとんだ演出を見せてもと演出家が思っているんでしょう。
たまには、大胆な読み替えをした演出も見たいものです。友人が所属しているドイツの劇場ではカルメンの新演出でドンホセがサッカー選手、舞台はサッカースタジアムというのがあったそうです。無茶苦茶やと怒っていましたが・・・・
まあ、このオペラ、よく考えれば階級闘争とか深刻なものを孕んでいます。実際、ボーマルシェが原作の戯曲を発表して5年後、フランス革命がおこりますから。2017年に生きる人間としたらあまり難しいことは考えず楽しめばいいんでしょう。お医者様ご夫妻はオペラが初めてとおっしゃっていました。
オペラデビューにフィガロはピッタリで良かったと思います。初めてが指輪なんてのはオペラ嫌いの元ですから



(16:26)

2017年03月08日


201703_biwako_rheingold_thumb

先週、びわ湖ホールでラインの黄金を観ました。びわ湖ホールは今年からニーベルングの指輪四部作を年一作ずつ公演します。で、ラインの黄金はその一回目です。4日、5日の2回公演で4日の外国人中心のキャストのほうに行きました。ちなみに2日とも完売だったそうです。2時間半ほどのオペラですが休憩無しでした。ちょっと疲れましたがキリのいいところが無いので仕方ありませんね。演出はごくオーソドックスなものでした。ワーグナーのオペラ、世界中で大胆な読み替えをした演出が増えています。そういう意味ではもの足りませんね。友人が所属するドイツの地方の歌劇場ではカルメンの新しい演出でホセがサッカー選手、舞台はスタジアムというのがあったそうです。さすがに無茶苦茶やと怒ってましたが・・・美術はプロジェクションマッピングを多用してまずまずの出来でした。昨年のオランダ人でもプロジェクションマッピングが効果的に使われていましたが今年のほうが進歩していました。衣装は演出にあわせてなんでしょうが古臭くて面白くなかったです。巨人族が多分、台車のようなものに乗って、衣装に隠れて人間が押していたようです。カーテンコールで黒子が出てきました。このオペラ、これと言って決めのアリアが無いので(ワーグナー曰く楽劇で歌劇ではありません)歌い手は面白くないかもしれません。ヴォータンのイギリス人のバリトンは声量が無く出来はいまいちでした。(初めてヴォータンを歌ったらしいです。)あとの人も無難にはこなしていましたがその中でエルダを歌った竹本節子さんがよかったです。智の女神らしい威厳があって立派でした。短いアリアですが雷鳴を呼ぶ場面のドンナーもよかったです。沼尻さんの指揮と京響の演奏もよかったです。それにしても、このオペラ、ラインの娘は黄金の秘密をアルべリヒにぺらぺら喋るし、ヴォータンは城を建てる報酬に妻の妹をあげる約束をするし毎度の事ですが行き当たりばったりな思慮分別の無い人(神ですね)が多いですね。まあそれだから面白いのかもしれませんが・・・
オペラ制作はお金がかかります。びわ湖ホールも県立なんで県議会で金かかりすぎるとか県民以外の来場者が多いとか言われたこともありました。まあ県民の方の税金ですからわからないことも無いんですが滋賀県の宣伝費だと思って応援してほしいですね。そういう意味では昨年開館した京都のロームシアターがオペラ公演をしているのはいかがなものかと思いますね。オペラがもっとポピュラーになってどちらにもたくさんの人が行くようになればいいんですが、なかなか一朝一夕にはいかないでしょう。この公演でも来場者は年配の方が多くて若い人は少なかったです。チケットも高いので仕方がない部分もありますが・・ウィーン国立歌劇場みたいに1000円くらいで見られる立見席を作ればいいのにと思います。地道に若いファンを増やすのが大事です。
終演後、ホワイエに出ると目の前にびわ湖の湖面が眼前に拡がります。明日から仕事頑張ろうと新たな気持ちになりました。音楽は素晴らしいですね。


(09:44)

2017年02月24日


20120524_2474992




































来週の土曜日、びわ湖ホールにワーグナーの「ラインの黄金」を観に行きます。びわ湖ホールが4年でニーベルングの指輪四部作を上演する最初です。上の画像はラインの乙女です。ライン川の川底の黄金を守っています。関係ない話ですが第二次大戦中にドイツでは地対空ミサイルを開発していました。それはラインの乙女と命名されました。実戦には間に合いませんでしたが、80発くらい試射して4発しかはずれなかったそうですからドイツ恐るべしですね。・・・閑話休題。舞台ではどんなふうに表現するのか楽しみです。物語は北欧神話にワーグナーの創作を入れた複雑な話です。細かいことははしょりますが、準主役の神々の長ヴォータンというのがええかげんな奴で巨人族に城を作らせるんですが、報酬に嫁さんの妹のベッピンを渡すというとんでもない神さんです。嫁さんもその兄弟も猛反対でなんとかかわりの物ということでラインの黄金が登場します。四部作のなかでは序夜の位置付けなので短いです。と言っても2時間ほどはありますが・・・
以前、新国立でジークフリートと神々の黄昏を観たときは2時開演で2回休憩があって終演は10時半でしたから
、ま、ちょろいもんです。このオペラ、有名なアリアも無いし、聴きどころの乏しい作品です。管弦楽集に神々のワルハラへの入場の部分が入っているくらいですね。私はやはりワルキューレが好きですね。次は神々の黄昏ですね。これから、4年間春の楽しみが出来ました。


(15:37)

2017年01月19日



 images


ベルリオーズの幻想交響曲をちゃんと聴きました。このCDだいぶ前に買ったんですが、1回聴いてほったらかしになっていました。どちらかというと独墺系の曲が好きなのでフランスというだけで敬遠していた面もあります。
何の気なしに聴くとけっこう面白い曲でなかなかいいなあと思いました。バーンスタインが最初のサイケデリック音楽だと言っていたのもうなずけます。嘘か真かアヘンを吸いながら作曲したとか・・・
ベルリオーズはエキセントリックな人で自分を裏切った母子を女中に変装して殺そうとしたり(未遂です)
いろいろとエピソードに事欠かない人だったようです。まあ、ロマン主義時代の人は激情にかられてとんでもない事をしでかしたようですが・・・ この盤はアンセルメ指揮、スイスロマンド管弦楽団です。67年録音ですが、エッジの効いたいい演奏です。録音もいいです。あと、カラヤン、ベルリンフィルのCDも持っていますが、どこにあるのやら・・・・探すより買うほうが早そうです。
今年はオーディオラックを作ってCDも整理したいものです。


(18:28)

2016年09月21日


musicfes33


先日、京都の秋音楽祭のオープニングコンサートを聴きました。シューマンのヴァイオリンコンチェルトとマーラーの1番でした。ヴァイオリンのソロは三浦文彰さん、指揮は下野さんでした。シューマンはあまり聴かないんで、ヴァイオリンコンチェルトも初めて聴きました。いまいち印象に残らない曲でした。私はブラームスかベートーヴェンが好きですね。どうせならベートーヴェン聴きたかったですね。チャイコフスキーもメンデルスゾーンも何回か聴いているので・・・後半はマーラーの1番でした。クラシックを聴きだして訳も分からずに初めて買ったCDがマーラーの1番でした。確かデーヴィス指揮のバイエルン放送交響楽団でした。(今思えば渋い選択ですね。)
前から5番めの席だったので大音量のオーケストラサウンドを堪能しました。CDもいいんですがマーラーは実演がいいですね。1番は若いころの作品で後期の交響曲ほど深刻ぶらずにあっけらかんとした感じで楽しく聴けました。下野さんもケレン味たっぷりの指揮ぶりでフィナーレでは金管を立ち上がらせて盛り上げてくれました。最近、健康上の問題があっていろいろと考えることが多かったんですが頑張らなあかんなと元気づけられました。本当にクラシックファンでよかったなと思います。沢山の人に聴いてほしいなと思います。


(00:34)

2016年09月16日

169

ノイホルトの指輪全曲盤をいただきました。以前から存在は知っていたんですが買うほどのものでは無いなあと思っていました。私がワーグナー好きと知っている友人からのプレゼントです。とりあえず聴いてみるかとワルキューレを聴きました。演奏も歌手陣も悪くはありません。録音もまあまあです。リングを初めて聴く人にはいいかもしれません。安いし。ただ京風というか薄味でクナッパーツブッシュやフルトヴェングラーのような音楽の躍動感には乏しいです。一回聴けば充分ですね。


(13:30)

2016年09月07日


無題

マリアカラスのオペラアリア集を知人からいただきました。このアルバム、リマスターが上手で古い録音ですが結構聴きやすい音で楽しめました。それにしてもカラスはやっぱりすごいなあと思いますね。すごい美声では無いんですがとにかくドラマチックです。思うに1950年代は二次大戦が終わって10年そこそこです。現代に較べれば、人の生き死にが身近に存在した体験が当たり前の時代です。実際カラスもアメリカ生まれですが母に連れられてギリシャに帰ってドイツ軍の占領やその後の内戦を経験しています。
音はいまいちでも50年代、60年代のオペラ録音がいまでも一定の人気があるのはそんなリアリティーと平和になって音楽を自由にできる喜びのようなものを感じられるからだと思いますね。
このアルバムでのベストはトスカの「歌に生き恋に生き」です。53年スカラ座オケ、サーバタ指揮です。後年のプレートルとのステレオ録音より声が若くて素晴らしいです。しばらくは愛聴盤になりそうです。

(10:30)

2016年07月28日


4280411102_20160126133154


兵庫県立芸術劇場でブリテンのオペラ、真夏の夜の夢を観てきました。
原作はシェークスピアです。今年は没後400年でシェークスピアイヤーらしいです。
(全然知りませんでした。) お話しはたわいもないものです。妖精の魔法で二組の男女の恋愛模様がどうのこうので結局はハッピーエンドでめでたしめでたしで終わります。ブリテンが1960年に初演したオペラなのでヴェルディーなどのように聞かせどころのアリアがあって拍手するというようなものではありません。
ちょっと退屈かな。キャストは日英ミックスで日本人のカウンターテナーがよかったです。あとはまずまずでした。劇中劇を演じる職人たちは全員イギリス人歌手でいかにもイギリス好みのどんくさいユーモア感覚が笑えました。来年はフィガロの結婚だそうです。ワーグナー、やってくれないかなあ。指輪は無理でもローエングリンとかタンホイザーくらいならお客さんも入ると思うんだけど・・・佐渡君(私、いちおう学校の先輩なんで)考えといて。

(09:04)

2016年03月15日

オランダ人%20middle

そんな訳でワーグナーが大好きになりました。オランダ人もベームのCDを愛聴していました。実演は今回が初めてです。当日、少し空席がありましたが、ほぼ満席でした。膜が開いて最初のノルウェー人の船が嵐に合うシーンですが映像を使った荒れ狂う海の表現が秀逸でした。オランダ人の帆船が港に入るシーンなどもやはり映像で映画的な舞台装置でした。海や帆船の表現をどうするのかなあと思っていたんですがなかなか良かったですよ。休憩無しの公演だったので(ワーグナーが望んで、今はそれが普通のようです。少し疲れましたが・・幕間になにか飲む楽しみが無いのは残念ですが)物語はダーラントの船の後部甲板で進行します。
指揮は沼尻さん、オケは京響でした。まずまずの演奏でした。歌手陣ではオランダ人を歌ったロバート。ボークがよかったですね。アメリカの人でヤングのリングでグンターを歌っています。大男で見栄えもするし声もよかったです。ダーラントの斉木さんも俗っぽさをうまく出していました。エリックの福井さんも一途な若者らしくてよかったです。ゼンタの横山さん、悪くはないんだけど・・・・
合唱もよかったです。このオペラ、合唱も大事です。水夫の宴会シーン、好きです。ちょっと民謡っぽくてワクワクします。ワーグナーというと重い、暗い、長いと敬遠される方が多いようですが綺麗なアリアもあるしもっと聴かれてもいいと思うんですが・・・


(07:51)

2016年03月13日



6日にびわ湖ホールでさまよえるオランダ人を観てきました。
久しぶりのワーグナーで楽しみにしていた公演です。当日、ほぼ満席でしたが空席もありました。ワーグナー、人気がイマイチなんですかね。私も以前は暗い、重い。長いと敬遠していたんですが今は大好きです。聴きだしたきっかけはNHKFMの20世紀の名演とかいう番組でクナッパーツブッシュの特集していたんです。諸石幸男さんの解説でワルキューレの最後の方とか管弦楽集とかやっていて案外いいなあと思ったのが始まりです。取り敢えずベームのリング全曲盤買って(CD14枚です。)仕事しながらCDチェンジャーで流しっぱなしにしてました。それですっかりリングにハマって、フルヴェン、ショルティー、ヤノフスキ―、ティーレマン、クラウスと買ってしまいました。
音質はいいに越したことはないんですがフルヴェンのモノラル盤が好きですね。
聴きだして、初めは音悪いなあと思うんですが5分もすると気になりません。無い物ねだりですが、フルトヴェングラーがあと5年生きていてくれたらステレオのリングとか残してくれたかもしれませんね。 続きは次回で。

(15:06)

2015年11月24日


kso%202015%20596%20ashkenazy(c)Keith%20Saunders

22日に京都コンサートホールの京響の定期を聴きました。指揮はウラジミール、アシュケナージさんでした。ブラームスの2番とチャイコフスキーの5番という大盛りのプログラムです。実は2時開演と思いこんで慌てて行ったら2時半開演でした。最近のコンサートホールでのチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルトとピアノコンチェルト1番の演奏会が2時からだったので同じだと思い込んでしまいました。まあ早く行くぶんにはいいんでしょうが・・・ところが早とちりにもいい事があってアシュケナージさんのプレトークを聴くことが出来ました。噺はバレンボイムとクレンペラーのエピソードとアシュケナージさんがカラヤンとベートーヴェンのピアノコンチェルト4番で共演した時のエピソードとかヴェテランのクラシックファンには面白い内容でした。当日,振る曲の話は一切ありませんでしたが・・・ 話しぶりや立ち居振る舞いに愛嬌があってファンになりました。演奏は私自身がブラームスはあまり好きではないこともあって、チャイコフスキーの5番が断然楽しめました。芸術性、結晶化はさておき盛大に金管が鳴ってスカッとするような演奏でした。ある意味、お国物ですしね。アシュケナージさんも初めて聴いたんですが、しっかりした指揮ぶりで楽団員との関係もよさそうでした。終演後にコンマスと嬉しそうに話していたのが印象的でした。チャイコフスキーの5番はムラヴィンスキーとレニングラードフィルでさんざん聴いていましたがやはり実演はいいですね。

(21:01)

2015年03月30日


20世紀最高のディーヴァ、マリア、カラスのトスカです。

201

1953年録音のモノラルですが、トスカの録音のナンバーワンでしょう。空前絶後、世紀の名盤です。オペラファンには釈迦に説法ですが、カラスのトスカ、ゴッビのスカルピア、ディ、スティファノのカヴァラドッシ、デ、サーパタの指揮と四冠王の演奏です。
60年のプレートルのステレオ盤もいいんですがベルゴンティーのカバラドッシがキャラクターに合っていないように思います。53年盤、カラスもすごいんですがなんといってもゴッビのスカルピアが圧倒的に巧いです。勿論ステファノのカヴァラドッシも情熱的で素晴らしいです。出来ることならタイムマシンでこの3人の実演を聴きたいものです。とにかく素晴らしいのでこれからイタリアオペラを聴こうという人には必聴のCDです。実はオペラを聴きだした頃はイタリアオペラばっかり聴いていたんですが、ワーグナーにハマってからあまり聴いていませんでした。以前、カウンターをお作りしたパスタ屋さんがもう少しフォーマルな料理を出すリストランテに変わって、店内のBGMに
イタリア語のオペラをかけたいと相談されました。何点かイタリアオペラの全曲盤をお貸しました。早速プレートル盤をかけたらしいんですが後半の2枚目はかけれなかったそうです。このオペラ、主要な登場人物は3人なんですが悪役はナイフで刺殺されもう一人の男性は銃殺、主人公の女性はローマのサンタンジェロ城から身をなげるという内容なんで、ランチしながらではきついですよね。全体としてはコンパクトで有名なアリアも2曲あるし聴きやすいのでオペラにトライしようかという方にはおすすめです。

(20:11)

2015年01月22日


116

僕の大好きな伊福部昭先生のアルバムです。言わずと知れたゴジラのテーマの作曲者です。伊福部先生は北海道生まれで北大の林業科を卒業されて林務官をされながら独学で作曲を勉強したという変わった経歴の持ち主です。戦後、東京に出られて東京芸大の講師などされながら、映画音楽も沢山手がけられています。
伊福部先生の音楽を聴くと、私自身の内なる北東アジア人の血が騒ぐように思います。ベートーヴェン先生もチャイコフスキー先生も大好きですが伊福部先生の音楽には何か遺伝子が反応するんです。ゴジラもいいですが他の作品も是非聴いてみて下さい。



(18:43)

2012年07月13日


_SS500_

最近、読んだ本です。オットー、クレンペラーは1920年代から
60年代に活躍したドイツ系ユダヤ人の指揮者です。
往年の巨匠指揮者の一人です。没後40年位経っていますが
今も一定の評価と人気のある指揮者です。年季の入ったクラ
シックファンにはおなじみの名前でしょう。
何枚か写真があって、その一枚にブルーノ、ワルター トスカ
ニーニ エーリヒ、クライバー クレンペラー フルトベングラー
の5人が並んでいるのがあって、ひっくり返りそうになりました。
20年代30年代のドイツやオーストリアの雰囲気がする本です。
私も何枚かCDを持っています。特にマーラーがいいですね。
実際、マーラー本人とも親交があって就職の推薦状も書いて
もらっています。この人は私生活も波乱万丈で、人妻と駆け落
ち騒動、脳腫瘍、大火傷、ひどい骨折と次から次へと起こりま
す。しかし一番はナチスのユダヤ人迫害でアメリカに亡命した
ことでしょうね。戦後もドイツではなくイギリスのオーケストラを
中心に活動しています。ステレオ時代にもまにあって、今も
我々を楽しませてくれます。
もし、タイムマシンがあれば実演を聴いてみたいですね。
お勧めのCDはたくさんありますが、仏EMIのマーラーボックス
が一押しです。まず、安い(安すぎ)録音もいいです。名盤の誉れ高い
「大地の歌」(ウンダーリヒがいいです。)、快演か怪演か?度肝を
抜かれる7番、2番、4番と名演ぞろいです。
HMVで売っています。


143



(19:59)