日常

2018年02月19日


 DSC_0008 (2)
 
昨日の夕方、西の空です。日もだいぶ長くなって少しですが春の気配を感じる一日でした。
まだ寒い日もあるでしょうが峠は越えたのかなと思えます。


DSC_0007 (2)

杉花粉もいい色?になってきました。(花粉症の方すみません)


DSC_0005 (3)

 それにしてもこの間、暮れだ正月だと言っていたのにもう2月もあと少しです。
時間の過ぎるのが早くてびっくりです。

(01:59)

2018年01月30日

 DSC_0392

 ガラケーで頑張っていたんですがとうとうスマホにしました。ガラケーの電池がダメになって某電話会社からのキャッシュバック5万円付けるというオファーに乗りました。通話を取るつもりが切ってしまったり、空でメールしたりまだ全然使いこなせていません。まあボツボツと慣れると思います。文字入力のボードが小さいのに閉口しますが・・・いいなと思うのは工房はFMが入らないんですがらじるらじるで綺麗な音で聴ける事ですかね。早速N響の惑星(ライブでした)聴きました。ネットで調べるとデーターの低速モードでも聴けるそうなんで色々と聴く機会が増えそうです。聞き逃しサービスも便利です。歴史再発見の西郷さんを聞くつもりです。幕末から明治維新あたりの歴史に興味があるんで・・


(15:21)

2018年01月28日


 DSC_0391
 
 ようやく雪もやみました。昨日は断続的に降ったんですが大したことはありませんでした。これくらいで良かったです。

 DSC_0397

とは言っても平年並みの寒さは続くようです。仕方ありませんね。

 DSC_0400

DSC_0399

 庭の藪椿が蕾をいっぱい付けています。この椿開花するのが遅いので満開の頃は春爛漫でしょう。それまで風邪やインフルエンザに罹らないように過ごしたいものです。


(13:01)

2018年01月26日


DSC_0375

 寒さが続いています。今日の午後から間断無く雪が降っています。以外ですが雪が積もると湿度が上がるのかむしろ暖かく感じます。

DSC_0374

大寒だし寒さの底の時期なんで仕方がありませんね。

DSC_0385

庭の白玉椿にもツララが下がっています。

DSC_0382

それでも蕾は膨らんできました。

DSC_0381

  梅の木も雪を被っています。春に開花するには寒い時期も必要だと何かの本で読みました。
 もう少し、春まで我慢、我慢です。
 

(16:31)

2018年01月25日

 
 DSC_0370

 予報どうり積もりました。気温が低いせいかサラサラの雪です。スキーに行きたくなります。

 DSC_0372

 10㎝程です。豪雪地帯の方には笑止な積もりようでしょう。明日の朝くらいまで降り続くそうです。雪が降るのはいいんだけど道路の凍結が嫌ですね。もちろんスタッドレスで四駆ですが滑ればいっしょですから・・・

 DSC_0371

 多分、倒木も無さそうです。


DSC_0373

 この寒波、週末くらいまで続くそうです。多雪地帯の方、お見舞い申し上げます。雪下ろしなど気を付けて下さい。

(07:59)

2018年01月23日


 DSC_0367

 工房の裏です。昨日の南岸低気圧でふった雪が5㎝程残っています。今日の昼間は割合に暖かかったのでだいぶ溶けました。

DSC_0365

 今日の夜半から3日程は数年に一度の強烈な寒波が襲来するらしいです。明日は京都の最低気温がマイナス3度最高気温が2度らしいです。京北は最低がマイナス7~8度、最高も氷点下以下でしょう。雪も結構降りそうなんで道路も凍結必至でしょう。家でじっとしているのが賢明です。それにしても昨日の東京の道路で滑っている車には可哀想ですが自業自得というか、チェーンくらい持っとけよと突っ込みたくなりました。普通の鉄製のラダーチェーンならそう高くもないからトランクに入れておけばいいのに・・・


DSC_0366

 明日からの雪は気温が低いし樹を倒すような重いものではなさそうです。昨年の1月の大雪では樹が倒れて3日間停電しました。それだけは勘弁してもらいたいですね。まあ沢山降ればいっしょかもしれませんが・・・

DSC_0368


 これは栗の木です。直径15cmくらいの若い樹です。あと50年ほどで使えそうです。こっちはとっくに死んでいるでしょう。孫悟空のように閻魔帳の名前を消せればいいんですが・・・



(17:18)

2018年01月19日


DSC_0346

 今日は1月19日です。正月はとっくに過去の話です。歳を取ると時間の過ぎるのが早くてぼやぼやしていられません。と言いつつコーヒーを飲みながらブログを書いていますが・・・
この一週間ほどは暖かくて随分と楽でした。このまま春になるなんて甘い話は当然ありません。来週は数年に一度の大寒波が襲来するそうです。なんでもシベリアでマイナス65度まで冷え込んだ元凶らしいです。とりあえず沖縄に行って来ます。なんてのは無くただ我慢するだけです。お手柔らかにお願いしたいものです。とりあえず停電だけは勘弁してもらいたいですね。

DSC_0344



DSC_0348
 
 まあこれからが寒さも本番です。もう少し我慢です。梅も頑張っています。
皆さんもご自愛下さい。 

(16:49)

2018年01月03日


 皆様、明けましておめでとうございます。昨年中は私の拙い画像と文章にもかかわらずブログを見ていただきありがとうございました。今年も宜しくお願い致します。元旦、二日と穏やかな正月でしたが今日は朝から雪模様です。今は晴れていますがまた降り出しそうです。

DSC_0306

家の向かいの山です。昨年は正月寒波の大雪の停電でえらい目にあったのでまずはこのまま穏やかに過ぎて行って欲しいものです。

DSC_0307

まあこれからが寒さ本番なのであと2か月程は我慢我慢です。

DSC_0312

それでも、白玉椿の蕾も膨らんできました。開花のころは春爛漫でしょう。それを楽しみに頑張ります。皆さんもご自愛下さい。


DSC_0308
 

(13:06)

2017年12月23日

1クリスマス飾り

ボストン在住の友人からのメールに添付されていた画像です。クリスマスの本場ですがさりげなくていいですね。雪も積もって寒そうです。(実際マイナス15度くらいはざらになるそうです。)

2クリスマス飾り

クリスマスもハロウィーンも日本の年中行事になってしまいましたが本来は宗教的なものです。まあ神仏習合の長い歴史もあるし融通無碍が日本人の欠点でもあるし美徳かもしれません。梅原猛さんもこれからは多神教がいいとおっしゃています。案外日本人くらいに宗教と付き合うのがいいんでしょう。


裏庭雪の裏庭

 雪のおかげかもしれませんが家の姿が美しいですね。無国籍ではなくアメリカの様式美があるように見えます。


雪景色散歩道の


(10:07)

2017年10月19日


食べるホウズキを頂きました。

 DSC_0011 (1)

ホウズキが食べられるとは知りませんでした。普通のホウズキとは種類が違うんでしょうか?
よくわかりません。味はなんと形容したらいいのかパイナップルみたいですが少し酸味があるかなあ。
野菜と言うよりは果物ですね。自分で買って食べるかと言われたら微妙ですね。




(18:23)

2017年09月29日


昨日、工房の裏を少し散歩しました。何本か栗の木があります。

 DSC_0090
 
お隣の亀岡市あたりでは栗畑もあちこちありますが京北では見ませんね。丹波栗は結構有名ですが京北もそう気候が違うとも思えないけれどこちらでは見かけません。

DSC_0086

素手で取ろうとしたんですがトゲが痛くて無理でした。


DSC_0087

毎年、食べようと思うんですが取り忘れます。まあ動物が食べているようなんでいいかと・・・
秋は過ごしやすいし、いい季節なんですが後に控えている冬の寒さを思うと気が滅入ります。
DSC_0092

来年こそ食べたいですね。

(08:18)

2017年09月16日


台風が来るようです。それもあってか家の前の 田圃も昨日稲刈りを終えました。

DSC_0015

昔は大勢の手作業で大変だったでしょうね。そういう作業を通して村落共同体の繋がりが出来たかもしれません。稲作は弥生時代から営々と続いています。良きにつけ悪しきにつけ「和を以て貴しとなす」日本人のメンタリティーの元になったかもしれませんね。今はコンバインであっという間に刈ってしまいます。


DSC_0013

昨日あたりからめっきり涼しくなりました。夜は毛布に布団を被ってます。ちょっと前まで暑かったんですがもう秋ですね。少しは仕事もしやすくなりそうです。

(08:32)

2017年09月12日


DSC_0005
 
家の前の田圃です。もうパンパンに実っています。


DSC_0002

今週末くらいには稲刈りでしょう。今年の出来はどうなんでしょうか?考えたら日本人は弥生時代から二千年程稲の出来に一喜一憂してきたのでしょう。日本人の生き方のベースに稲作とそれが出来る土地があります。今は米が不作でもあまり深刻な影響はありませんが、昔は死活問題です。

DSC_0001


DSC_0003


そこそこ長く生きていろんな物を食べましたが結局炊き立てのご飯が一番おいしいですね。
稲作がいつまでも続いて欲しいものです。

(16:18)

2017年08月20日


DSC_0032 (2)


家の前の田圃です。だいぶ実って首を垂れてきました。朝晩の風も涼しく感じられます。
暑いのはイヤなんですが夏の終わりはなにか淋しい感じもします。子供の時分の遊び惚けた夏休みが終わる寂しさの記憶が心のどこかにあるのかもしれません。

DSC_0035 (1)

 
今年の稲の出来はどうなんでしょうか?TPPとかで安いコメが海外から入ってくるとかなんとかいろんな事を聞きます。素人考えですが米も大量に安く作る時代は終わって高付加価値のものにシフトする時代のように思います。海外に打って出る位の気概を持ってほしいですね。

DSC_0031 (2)

拡がる稲田を見ていると美しいと思います。日本人の原風景です。いつまでも続いて欲しいですね。

(08:53)

2017年07月21日


DSC_0002 (2)

家の前の田圃です。梅雨明けして3日程暑い日が続きます。梅雨明け十日とはよく言ったもので、京都は連日35度です。京北はまだましですがやはり昼間は暑いです。

DSC_0001 (2)

今年の稲は出来が良さそうです。

DSC_0003 (2)


とにかく、暑いので無理は禁物です。ご自愛下さい。


(15:13)

2017年07月17日


DSC_0014 (1)

家の玄関先に何か長いものが・・・・ そばによって見ると蛇の抜け殻でした。抜け殻というか抜け皮と言うか、まあ抜け皮でしょうね。結構長くて1m20cmほどあります。数年前にリョウブの枝の上で脱皮していた青大将かなと思いますが、わかりません。それ以来見かけたこともありませんが、どこにいるんでしょう?

DSC_0016 (1)

何でも硬いものに皮を引っ掛けて頭から抜けていくらしいです。成長中は結構頻繁に脱皮するそうです。
ここまで大きいとそんなにはしないそうです。

DSC_0022 (1)

DSC_0020 (1)

財布に入れておくとお金が貯まるそうです。そんなことでお金が貯まれば苦労はありませんね。




(15:54)

2017年07月14日



DSC_0035

庭の梅の実が落ちだしたので慌てて収穫しました。

DSC_0029

生っている姿が愛らしいです。

DSC_0032

肥料もあげず、年に一回ほど剪定するだけですが律儀に実をつけてくれます。

DSC_0030

全部で3キロほど収穫出来ました。
自然の恵みに感謝です。



(16:28)

2017年06月28日


DSC_0022 (1)

半夏生の葉っぱの上に子カエルがいました。この草の茎に泡のような卵があったのでそれから孵ったのかもしれません。体長12mmくらいのほんとうに小さいカエルです。

DSC_0016 (1)

すっと座ってます。人間と違って無駄に動きませんね。それに比べて人は何をあくせくしているのか可笑しくなります。
カエルを見習ってじたばたせず生きたいものです。(無理でしょうが・・・)


(20:28)

2017年05月15日



 DSC_0013 (1)

 家の前の田圃です。連休に田植えが終わりました。最近は夜になるとカエルの鳴き声がうるさいほどです。

DSC_0010 (1)

田圃は米を生産する場ですが、同時に沢山の生き物の住処にもなっています。
環境面からも残ってほしいものです。価格だけで外国産と競争させるのは如何なものかと思いますね。
DSC_0008 (1)


物事はいろいろな面から考えないといけませんね。


(16:43)

2017年03月16日


DSC_0010 (3)

  昨日の朝、にわか雪が降りました。せいぜい15分ほどですが見ている間に少し積もりました。
最近はずいぶんと暖かくなりましたがこんな日もあるのがこの時期ですね。

DSC_0009 (2)

これはこれできれいです。

DSC_0011 (1)

先週末、神奈川県の川崎まで納品に行ってきました。東京まで出るのに多摩川の堤防の上を走りました。
野球のグラウンドも何面も見ました。今もジャイアンツはここで練習しているんでしょうか?
草野球や少年野球のチームが試合や練習をしていました。驚いたことに土手の桜がほんの数本ですが開花していました。京北では雪ですからえらい違いです。

DSC_0015 (1)

車の屋根にもうっすらと積もりました。あっという間に溶けてしまいましたが・・・
これが今冬の雪も見納めかもしれません。案外、3月末近くに降ったりするのでわかりませんが・・・
季節の進みは行きつ戻りつです。人生と一緒で一直線にはいきません。気長に構えてぼつぼつ行きましょう。


(00:51)