日常

2021年04月18日







DSC_1248

 



 今日は寒い日になりました。昨夕の西空です。





DSC_1250





鉄塔と電線を見るとゴジラを思い出します。大暴れして電線を切り鉄塔を壊すのがお約束のシーンでした。ゴジラの音楽は伊福部昭さんの作曲です。伊福部さんは北海道生まれで北大の農学部林学実科を出て独学でクラシック音楽の作曲家になられました。映画音楽も沢山作曲されています。ゴジラ以外にも多数の怪獣もの、座頭市シリーズ、大魔神シリーズなどこんな映画にもと思うような作品にも書かれています。今はYOUTUBEで検索すれば沢山の作品が聴けます。日本的と言うよりは東アジア的な大きな音楽です。日本のクラシック音楽の作曲家の作品にも良いものがいっぱいあります。たまには日本人作曲家の作品も聴いてみて下さい。.


(16:44)

2021年04月16日







DSC_1211






 ヤマナシの花です。庭の端っこでお隣りの杉に負けないように上に上に伸びて望遠で撮らないとどんな花なのかもよく分かりません。白いぐらいは分かります。小さな実が成るそうですがなにしろ高いので見ることもかないません。




 
DSC_1210






隣りは藪椿です。まだ咲いています。





DSC_1215





桜のようにあっと言う間に散るのも愛想ナシですがあんまり長く咲き続けるのもどうなんでしょう。
引き際が大事なんでしょうが、私はボロボロになっても木工していたいですね。







(13:03)

2021年04月14日







DSC_1186






 家から工房までの途中の桜です。細野川の堤防に十本程植えられている中の一本です。染井吉野では無く、色々な種類の桜を植樹してくれたので長く楽しめます。





DSC_1188






これは白に近い花です。清楚でいいですね。






DSC_1187


 




DSC_1189





こちらはまた違う種類です。






DSC_1191










DSC_1192






DSC_1195





京北の桜ももう終わりです。来年もきれいな姿を見せてくれるでしょう。



(21:17)

2021年04月13日







DSC_1183
 b




 一昨日、仁和寺の夜間拝観に行きました。修了間際に入ったので五重の塔と金堂を遠くから眺めて帰って来ました。御室桜はもう殆ど散っていました。顔見知りのお坊さんと立ち話をしたんですが、今年は桜が早いとおしゃっていました。一本だけ特別に遅咲きの桜があってそれはこれから満開らしいです。仁和寺の桜は背が低く、なにかそういう風に仕立てているのかなあとずっと思っていました。ところが、最近ラジオのニュースで地質のせいだと知りました。地下に粘土層があるので根が張れず背が伸びないそうです。それで花が近くに見えるので江戸時代から桜の名所だったようです。そのころは神信心と言えば大っぴらに出かけやすかったんでしょうね。なかには神さんも仏さんもそっちのけで後のお楽しみ目当ての男連中も多かったでしょう。それで思い出しました。台湾に旅行した時に龍山寺と言う台北で一番有名なお寺 に出かけました。お参りした後にスネークアレイと言う所に行きました。蛇料理を出す食堂が数百軒並んでいました。店の前には蛇が蠢いている金属製の駕籠が並べてありました。おっちゃんが蛇をいじめて怒らせた挙句にナイフで裂いて生き血を出させて、それをワインか何か知りませんが赤い飲み物で割って客に飲ませていました。小学生位の子供も平然と飲んでいるので吃驚しました。そのあたりで精を付けて、さらにその先に少し歩くとお姉さんと遊ぶ、楽しい楽しい所があるそうです。私は勿論そんな場所には行きませんでした。本当に行っていません。本当です。上手い事できてるなあとは思いました。まあ日本でも神信心と悪所はセットでしたから。故宮博物館には二日続けて行きました。これも本当です。二日でも全然見られませんでした。蒋介石、なんぼ持ってきてんと呆れました。





DSC_1184






脱線しました。来年は花が満開の時期に行きます。それにしても仁和寺さんも一泊百万円の宿坊(部屋貸しだそうです)を建てたりライトアップしたりといろいろとされています。コロナで拝観者も減っているだろうし寺院経営も大変なんでしょうね。早くワクチンが行き渡ればいいですね。

(08:59)

2021年04月12日






 DSC_1120





 家と工房の途中のエニシダです。鮮やかな黄色が綺麗です。今日は友人が日本ミツバチの巣箱を作りに来ました。ただの箱を作るんかと思いきや結構複雑で案外時間がかかりました。今年は少しおそいので来年に向けて作ってみようと思います。
 

(23:59)

2021年04月08日







DSC_1117






 家の近くの空き家の枝垂れ桜です。ずっと売りに出ています。前が田舎にしたら交通量の多い道路でうるさく、谷筋のうっとおしい感じの立地もあって売れないようです。







DSC_1112








DSC_1111





 

DSC_1116






夜のニュースで仁和寺の桜が満開と言ってました。別名、御室桜です。粘土質の土壌のせいで根が伸びにくく樹が大きくなれないそうです。大体京都の街なかでは最後です。京北では染井吉野は終わりましたが、八重はこれからです。今年の桜は早かったですね。それでもあちこちの桜で楽しませてもらいました。来年こそお花見の宴会でビールを飲みたいです。

(21:58)

2021年04月06日







 DSC_1044





 高雄のツツジです。毎年、楽しませて貰っています。今年は桜も他の花も早くて怒涛の春でした。





DSC_1045





長く生きると時間の過ぎるのが早く感じます。4月ももう6日経ちました。京北でも桜が盛りを過ぎました。咲いたと思うとあっという間に散ってしまいます。而今の精神で生きたいですね。



(20:58)





 DSC_1133
 




  所用で周山まで出かけました。帰りにもう散っているやろなあと思いながら魚ヶ淵の枝垂れ桜に寄ってきました。案の定もう散ってほんの少しだけ花が残っていました。






DSC_1131







DSC_1130







DSC_1128







DSC_1125






DSC_1127





満開の時は忙しくて行けませんでした。来年の楽しみに取って置きます。

(16:06)

2021年04月04日







DSC_1059






一昨日、奈良まで出張拭き漆に出かけました。てきぱきと仕事が済んだので高速を使わず。のんびりと国道24号を使って帰りました。途中木津川の堤防上を通ります。暖かく、春の川面の景色につられてしばし道草です。画面の左側が上流です。木津川は堤防がコンクリートでガチガチでは無いので子供の時分を思い出しました。






DSC_1063






と言うのも、私は大阪市内生まれで子供の頃はしょっちゅう淀川の堤防で遊んでいました。近所の悪ガキ共と釣りをしたり石を投げたりいい遊び場でした。





DSC_1065





ヨシです。高さ3mくらいあります。





DSC_1070






DSC_1074






DSC_1076





ほんの十分くらいでしたがいい息抜きになりました。

(17:03)

2021年04月01日





 一昨日、朝早く龍安寺に行きました。8時までなら無料で入山出来ます。大きな池(鏡容池と言います)を一周しました。散歩されている方も多いです。殆ど年配の方です。






DSC_0963
 




境内は桜に椿、シャクヤクと花盛りです。





DSC_0977






DSC_0976






DSC_0964






DSC_0971





今朝のニュースでは仁和寺の御室桜も咲き出したようです。コロナ前は辺りはツーリストで一杯でした。道路も渋滞で近寄らないようにしていました。インフルエンザのような病気になるには10年位はかかるんでしょうか?とにかくきを付けないと・・・






DSC_0968


(11:01)

2021年03月30日


 




DSC_0958



 


 庭の白椿が咲きました。忙しくて気が付きませんでした。すぐ横を何回も通っているのに分かりませんでした。何か気がせいているんでしょう。もう少し落ち着いてゆっくりと生きたいもんです。






DSC_0961



(23:14)

2021年03月29日







DSC_0915






 家から周山に向かう上桂川沿いの枝垂れ桜が咲きました。随分と大きな桜です。京北という辺鄙な所にあるのであまり人も来ませんが、立派な桜です。






DSC_0916

 




DSC_0917







DSC_0920







DSC_0922






DSC_0930





この時期、京北方面に来られる事があれば是非



(17:28)

2021年03月28日









DSC_0904






DSC_0905







庭の藪椿のあたりで何やら鳥がガサガサしていました。よく見るとヒヨが花の蜜を吸っていました。
少し近づくと裏の杉林に飛んでいってしまいました。メジロは色が綺麗、鴬は鳴き声がいいと取柄があります。ところがヒヨは色が地味、声もよくない、体が大きいので我が物顔にふるまうとどちらかと言えば嫌われ者です。人間でもそんな人がいます。鳥も人も色々です。
 

(00:59)

2021年03月23日







DSC_0800 (1)





 今夜11時頃のお月さんです。月齢9,7です。今日はいい天気で暖かかったです。もう、冬タイヤを交換しないといけません。結局この冬は雪が積もったのは2日だけでした。ブリヂストンのブリザックの新品を奢ったんですがもう夏タイヤでもいいかなと思います。やはり温暖化が進んでいるんでしょうか?2050年にはカーボンフリーなんてどこぞの首相が言っていますがどうなるでしょうか。団塊世代や我々世代が無茶苦茶にしたツケを今の若者や子供達に背負わせるのは心苦しい気もします。せめて何か社会に貢献出来ればとも思いますが日々の暮らしに追われてままなりません。取り合えず自転車にもっと乗ります。






 

(23:51)

2021年03月20日







 DSC_0732






 立てかけておいたクリの板を引っ張り出しました。何気なく裏返すとカメムシが固まって越冬中でした。





DSC_0730 (1)






一瞬ぎょっとしたけども、地面にトンと当てるとバラバラと落ちていきました。臭いさえ無ければ何という事も無いんですが・・・

(00:06)

2021年03月17日






DSC_0707






 今朝はどんよりと曇って空気が重い印象でした。空も霞んだようで黄砂の影響かもしれません。お昼前から雨になりました。暖かくていいんですがいまいちスカッとしません。昼食に家に帰って何気なく藪椿を見上げるとてっぺん辺りに数輪花が咲いていました。今年は早いですね。





DSC_0704






DSC_0705





今日(もう昨日ですね)は京都でも桜が開花したそうです。去年はコロナでお花見はありませんでした。今年はどうなんでしょう。やっぱり無理でしょうね。まあもう少し我慢です。

(00:11)

2021年03月14日







DSC_0680







DSC_0671






 梅の花がもう散りだしました。桜に比べれば長く咲いています。






DSC_0679






今日は少し風がありましたが穏やかに晴れていい一日でした。





DSC_0677






トンビがゆっくりと旋回していました。獲物はあったんでしょうか?のどかに見えますがトンビにしたらそれこそ死活問題です。どの世界も大変です。

(23:30)

2021年03月13日






DSC_0665






 昨日から雨です。特に昨夜日付が変わる頃は雷も鳴って大荒れでした。家が揺れるほどで吃驚しました。学生の頃、後輩が吉野のお寺の須弥壇の修理を請け負って漆工科(その頃は塗装科と言いました。)の同級生、後輩達十人位で上市のお寺に合宿して修理しました。吉野川に面した少し高台にあるお寺でした。夏の盛り8月でした。毎夕、必ずと言ってもいいくらい夕立と雷が鳴りました。ある日、賄い担当の女子に豆腐を買って来てと頼まれて、歩いてお使いに出かけました。帰り猛烈な夕立になりました。雷も強烈です。雷鳴と電光が同時で目の前が真っ白になるようでした。軒下で30分程雨宿りしましたが、雷に恐怖を感じました。修理は思わぬ失敗の連続で四苦八苦しましたがなんとか出来ました。吉野で川遊びしたり魚釣りしてのんびりとするつもりが過酷な仕事で大変でした。






DSC_0661






梅の花が大分散りました。





DSC_0667





 
  春嵐が 乱暴狼藉 花散らす           謙二

失礼しました。




(15:31)

2021年03月12日






  DSC_0644





 一昨日は暖かい日でした。陽気に誘われて周山に向かう小さな峠から少し入った林道を散歩しました。土砂崩れで車が通行止めなので静かな山の中をカメラ散歩です。何か春らしいものでもと期待したんですがあるのは枯葉ばかりなりでした。






DSC_0645 (1)







DSC_0649






DSC_0650 (1)






ヒノキです。




DSC_0653 (1)






DSC_0651 (1)





植物の名前が分かるともっと楽しいんでしょうね。



(09:26)

2021年03月09日







DSC_0607






 今日は兵庫県神崎郡まで材木を買いに行って来ました。家から園部に抜けて丹波を横断し播磨までざっと二時間半です。高速道路を使っても30分位しか短縮出来ないんで下道です。初めて行く材木屋さんでしたが広い敷地に大きな倉庫で木工家にとっては宝の山に入ったような気分でした。






DSC_0610
 




このあたり初めて来ましたが、里山の点在する長閑な田園風景が拡がっていました。昼食に入ったラーメン屋さんで道を聞いたついでにこのあたりは何かあるんですかと聞くと何かと言われてもと困らせてしまいました。






DSC_0606





材木屋の土場です。少し北に行くとスキー場もあります。





DSC_0605





丹波あたりです。平地が拡がっています。京北は山の間の谷に人々が住んでいる印象なので空が広いなあと思います。ラジオの俳句の番組を聴きながらの道中でした。兼題が春の風でした。暇つぶしに一句ひねりました。


 流されて 京北暮らし 春の風     謙二


 春風に 鳶高高 駘蕩す (しゅんぷうに トンビたかだか たいとうす)   謙二


失礼しました。      

(18:06)